おすすめ記事



切符はリサイクルされてベンチになる話

座る

 

 

うろ覚えで書くから、あしからず。

 

使用済みの電車とかの切符(乗車券)は、毎日大量に出るらしい。

 

けれども、それらを、そのまま捨ててしまうのは

ああ、もったいない。

 

なので、昔から、トイレットペーパーとかに

生まれ変わっていたらしい。

そして、それが駅とか、電車の中とかに置かれる。

 

けれども、自動改札機が出始めてから

切符の裏に、あの黒い部分、磁気?を塗るようになった。

どうやら、あれは鉄の粉みたいですね。

 

 

 

 

コレが、アレだった。

なかなか、切符そのものから、はがせなかったので

トイレットペーパーにして再利用するのが難しくなったんだとか。

 

なので、切符は悲しくも、

そのまま捨てられるしかなくなってしまった。

 

けれども、しばらくしてから、

なんとか、切符の裏にある磁気を、上手く、はがせるようになって

またトイレットペーパーやら

それに加えて、他のものにして

再利用できるようになったんだとか、なんとか。

 

 

 

 

けれども、どうやら切符の裏にある磁気を、わざわざ

はがして取らなくとも

そのままリサイクルも、できるようになったらしく

それが駅に設置されているベンチとかになっているんだとさ。

 

このベンチは、切符の他にも、

定期券やらも、混ぜられているんだとか、なんとか。

 

なんというか切符がリサイクルされていることなんて

今までまったく、知らなかったのですが。

 

そういう発想自体なかったわ。

 

っていうか、駅で電車待っている時とかに

なにげなく座っていたベンチ自体が

もしかしたらリサイクルされた切符そのものだったり、、、とかさぁ。

 

 

まぁいろいろと書いたが、切符を買わずに済む

カードのIC乗車券は、すごくエコなんだな~とか、思った。

 

 


乗務員室からみたJR 英語車掌の本当にあった鉄道打ち明け話

 

<関連する記事>

 

駅の改札口で切符を出したか口論になったら

 

信者が増えると、やはり金儲けにどうしても走るのか?

 

 

 

<再利用 リサイクル 切符 乗車券 電車 鉄道>