遺体の手を切断して、書面に署名押印させた話

 

 

今から400年くらい前(だったか?)の話。(おそらく)

もちろん海外の話ね。

 

 

あと、うろおぼえで書きますからねぇ~。

 

 

 

なんかそのから、契約者や、なんか権利や義務とかに関わる

重要な書類には、「自分の手で書きました」と、

自分の手でいろいろ事項を確認して、しっかり署名しました、

印鑑押しました、、、ということを重要視していたみたいでしてねぇ。

 

 

他人では無く、自分が確認して、自分の「手」で、というところがミソですね。

人ごとにはできない、ということで、、、おそらく。

 

 

 

で、そういう習慣であるからか、なんか、、、、当時、

すでにお亡くなりになった人の手を切り取って、

その手にペンを持たせて、署名させたり、

またはペンで署名とかさせた後に、ペンを持ち替えさせて、

遺体の手に代わりに印鑑を持たせて、

書面に押印させたヤツがいたらしいのです・・・

 

 

なんか、どうしてもお亡くなりになった人のサインとかが

その書類には必要だったのか?

 

 

 

だからといって、そこまでするか?

せっぱつまっていたのか、いろいろと精神的に、、、、

そうでないとそんな意味不明なことしないだろ?

 

 

遺体の手を使って署名捺印だかしていようとも、

その手を使用していたのは、別の人だろ?

だって本人は、もういないのだから・・・

 

 

 

で、なんか当時の法律だかにやっぱり引っかかったらしくて

裁判になったらしい。

 

 

でも当時のそこの裁判所に残っていた記録によると

裁判にかけられた人が言うところいわく、

遺体本人が(おそらく生きていることが前提ということで)

しっかりと書面に自分の手でサインした後に

その書面を相手側に送りましたよ!自分見ましたから、ちゃんと!、、、とかと

話していたと、記録されている。

 

 

ふ~ん、あっそ。

全然、自分の行動を顧みていませんね。

まぁそういうもんか、、、そうでないと、そんなことするわけないでしょうし(笑)

 

 

 

で、そいつは(遺体から手だけ切り取って署名とかさせたヤツ)

どうなったのかというと、やっぱりなんか有罪になったらしくて、

まず今でいう(昔ではどれくらいの価値が有るのか知らんが)

1万円ちょっとくらい?(今ではねぇ~)の罰金の支払い判決が出た後に、

さらに、なんか、繋がれたまま人々の行き交う場所で

自分の罪名を掲げられたまま、

数時間ぐらい見世物にされる刑罰を受けたらしい。

 

 

なんというご褒美でしょうかね?

 

 

 

 

<歴史 署名 印鑑>