自分の本当の声は、録音して聞く声らしい?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

録音された声が、自分の本当の声なのか?

ウクレレとは、ノミがジャンプするという意味

 

 

 

①録音された声が、自分の本当の声なのか?

 

 

なんかこういうことないですか?

 

 

なんか家とかで自分の歌った声とか録音してから

聞き直してきて、

なんでこんなに声が違うんだ?とか思ったことないですか。

 

 

録音した声は、自分の実の声とは別物なのだろう、

なんか知らんが変わってしまうだろう、、、とか

思ってしまうかもしれないが、

どうやら、そっちの方が本当の自分の声であるらしい。

 

(理由はちゃんと話します)

 

 

 

で、どうして普段自分が聞こえている自分の声と、

録音した声が違うのかというと、

そりゃ聞こえ方が違うからです。

 

 

普段、自分が聞いている自分の声というのは、

口から直接、内部から頭へと響いて聞こえている声なのですが、、、

 

 

録音した声というのは、直接、自分の頭に響いて聞こえる声ではなく、

空気中を通して間接的に録音機に響いて、

伝わった声なのですよ。

 

 

なので、声が自分に聞こえる仕組みが、それなりに違うので、、、

いや、かなり違うらしいです。

 

 

まぁつまり直接聞くのと、間接的に通して聞こえるのとでは

声は大分違って聞こえますよ、ということ。

 

 

 

けれども、録音した声っていうのは、

普段、自分が、自分以外の他者に話しかけるのと同じ感じですから

(空気中を通して間接的に声が伝わっている)

いつも他者が聞いている自分の声というのは、録音した声なのでそうです。

 

 

なので、そっちの声の方が、

本当の自分の声といっても過言ではない。

 

 

自分の歌を上手くしたい時は、録音して、その声を聞いて

修正していきなさい、というのは、まさにそのことでして。

 

 

客観的に、自分の本来の声を聞いてみましょう、ということで。

 

 


 

②ウクレレとは、ノミがジャンプするという意味

 

 

なんていうか最近、ショッピングセンターの中にある

楽器屋さんとかで、店頭によく安いウクレレ置いてありませんか?

 

 

まぁ値段も安いし、ギターよりも手軽そうだし、

ちょっと音楽やってみようとか、とか思ってしまったら

数千円払って買って、家に持って帰って、ちょっと練習してみよう、

とか思うんですかねぇ。

 

 

弦の数もギターに比べて少ないですし。

 

 

 

そういう感じで楽器弾いてみたいとか思う時期は、どんな方にもありますよ。

 

 

 

で、そのウクレレなんですが、そのウクレレという意味は

ノミがジャンプする、という意味なんだそうで、、、

 

 

え、なんで?

 

 

 

なぜノミがジャンプするという意味なのかというと、

ウクレレを弾き始めると、まわりのみんながノミがジャンプするように

ピョンピョンと、とぶように踊るだとかいうことも聞きますが、、、、

 

 

また指でウクレレの弦を指で弾いている姿が、なんかノミがジャンプしているっぽい、

とかいうことも聞いたりしますが、、、、

 

 

 

ノミは、そんな容易に目視できるほどデカかったのか?

 

 

 

<関連する記事>

 

書面証拠と録音証拠との価値の違いは?

 

ウグイスは、モテるウグイスの鳴き方をマネして上手くなる

 

 



 

<音楽 録音 理由 楽器 語源>