おすすめ記事



なんで松竹梅は、高級度を表す言葉として使われる?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①それとなくクオリティの違いを示すのに適しているのか

②知り合いとはぐれたら、動いて探し回った方が良い理由

 

 

 

①それとなくクオリティの違いを示すのに適しているのか

 

 

松竹梅と言いますと、梅を一番下、または安いということで、

料理とかの高級度を示す言葉として使われていますが、現代では。

 

 

しかし、これは結構、現代になってのことであり、

まぁ松竹梅という言葉は大昔から、海外から入ってきて、

国内にはあったらしいですが、、、

 

 

まぁとにかく、最初は、松、竹、梅の3つとも、

どれも素晴らしい物ということで、

絵に描くのに適している3つの物という

感じであげられていたのに、

いつのまにか、、、というか、今現代になって、

なんか高級度を表す言葉になっていたのである。

 

 

まぁしかし、なんか高級そうな料理屋とかで、

なんか定食を頼むにしても、松竹梅、どれも、ほどほどに高いですので、

どれも素晴らしい料理であるけれども、さりげなく、

高級度と値段を分けて示したかったのか、

上中下だとあまりにもストレートな言い方だし、

松竹梅として、一応、梅が一番安くて、まぁまぁ庶民向けの料理ということで、

なんとなく、そういうのを客に示したかったのではないのかなぁ~、とか、

思いますが。

 

 

どれも素晴らしいのではあるが、なんとなく高級度に差をつけていることを、

客に示すのに使うには適していたのか。

 

 

 

②知り合いとはぐれたら、動いて探し回った方が良い理由

 

 

どこか人混みの多い施設内とかで知り合いと、はぐれた時に、

(まぁ、つまり、迷子になったということ)

携帯で電話かけたりメールを送っても、無反応だった場合、

どうしたらいいのか?

 

 

むこうも探している可能性を考えて、

その場から動かない方がいいのか、

それとも、すれ違いになる可能性があっても、

こちらから積極的に動いて探し回った方がいいのか?、

といいますと、、、後者らしいですね。

 

 

その方が、会えるのが早いらしいです。

 

 

なぜかと言うと、はぐれた知り合いの方が、

あまりこちらを探していない場合には、

 

(そのうちブラブラしていれば、むこうも動いているだろうし、

また会えるだろう、とかテキトーに考えている可能性が高い)

 

その場にとどまっていても、

意味が無いので、それならばまだむやみに歩いて、

こちらから探し回った方が、

はるかに出会える可能性が高いらしいですね。

 

 

 

 

<歴史 語源 由来 起源>