おすすめ記事(スクロールできます)



料理して火を使っている時は、それを示す飾りを出せ法律

 

 

 

江戸時代の話。

 

 

江戸時代って言うのは、とにかく建造物は木造なので

ちょっとでも、小火を出して燃えてしまえば

家は簡単に全焼、

まわりにも火の粉が飛び散り

周囲の家にも被害がぁ~、という感じであった。

 

 

なので、町とかでの各家庭の火の扱いは慎重に、、、、

という感じであった。

 

 

それで、江戸時代版の路上喫煙禁止法とかもあったし

屋台とかで火を使うような物を扱うのも禁止にしたり、とか

とにかくこまかく火を扱うことに関しては

法律で規制したことなどもあった。

 

 

 

そういうことを前提として、、、、

またもや江戸時代のある日、ある地域で、

こういう法律が出されたことがあった。

 

 

「これからのことであるが、

飲食店とかの商売をやっていて、普段から日中、火を使っているところは、

店として使っている家の前に

火を使っているという誰から見ても分かる、

“今、火を使っています”ということを示す証(あかし)を

出して飾っておけ」

 

 

「それは竹の棒の先にヒモかなんかで、ワラを結びつけて垂らしておきなさい」

 

 

 

・・・つまり店が火を使っている時には

店から、すごくなんかやっている匂いがするし

煙とかも、けっこう出るので

近所とか周囲の人は、ともかく

遠目から見ても町の人とか、通りかかった人とかが

火事かも?とか思って勘違いして、慌てたりして

大事にならないように、そうしておけ、、、、ということ。

 

 

そして本当はお上としては、店だけでは無く

各家庭にもやってもらいたかったが、さすがに、そこまでは、、、できなかった。

とりあえず、飲食店のみということで。

 

 

、、、ということで、

仕方なしに面倒だなと各飲食店は思いつつも

お上の言うことだからと、素直に従って、

その証を入口とかに飾っておいた。

 

 

 

こんなヤツを飾ったらしい↓

 

 

 

 

しかし、火を使っていない、休みの日とか、夜中の時とかも

いろいろ、証を仕舞うのが面倒なので、

そのまま仕舞わずに外に出しっ放しにしておいた。

 

 

とにかく、火を使う店は、この証を吊しておきゃいいんだろ?

 

 

別に、いろいろ、こまめに適時

出したり、しまったり、とかせんでも

そこまで上も文句言わないし、みんなそんな感じだし、、、、という感じであった。

 

 

 

う~ん、たしかに飲食店とかで

主として火を使うところは

昼夜問わず、火を使わない時でも、証を飾っておけば良い、とは

思うのですが、

お上としては、火を使う時だけ、、、ピンポイントの時間だけ

その証を飾っていてほしかったらしく、

そんなことが各店で常態化してしまったので、

この法律を出してから、しばらくした後に、

 

 

「ずっと証を出しっ放しなのは良くないよ、なんとかしろ」

 

 

、、、と、愚痴みたいな、付け加えを法律にしたけれども、

それから、またしばらくした後に、諦めて

 

 

「この法律、もうほとんど意味ないから無かったことにしてね、てへっ☆」

 

 

、、、とか言い出して、本当に無かったことになった。廃止。

 

 

 

なんていうか、この時代、こういう感じの、

とりあえず、お上が思いついた法律をテキトーに

出してみたはいいけれども、

誰も守らないし、取り締まるのも面倒だし、

ほとんど意味ないから、

やっぱ無かったことにしてね?みたいな法律の公布が、よくあった。

 

 

だから、当時の庶民も、そのことはよく分かっていて

今度の出された法律は、たいしたこと無さそうであれば

最初だけ、とりあえず守っておいて、あとから無視しようぜ?

どうせすぐ無かったことになるさ!

、、、とか言って、法律をないがしろにすることがよくあった。

 

 

というか、出された法律を守らない庶民がぁ~、というよりも

当時のお上が庶民の生活に関して、細々とまずは口から

あ~だこ~だ、と介入しすぎなのである。

 

 

まぁ当時は、民主主義じゃないからね。

仕方ないよね。

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

<飲食店 屋台 江戸時代 料理 かまど 火 火事 撤回 法律 お触れ 飾り 調理>