ゲームのプログラムが著作物と明記されるキッカケ

ピコピコピコピコ

 

 

テキトーに調べて書いたので、あしからず。

 

 

なんか知らんが、ゲームとかのプログラムが

きちんと著作物だということが、条文で書かれたのは、

昭和も末の頃で、あと数年で平成になりそうな頃だったのだそうで。

へぇ~。

 

 

どうやら、その、ちょうど前あたりに、

いろいろゲームのプログラムを

真似た、やら、そのまま使ったとかの揉め事があって

いくつか

裁判沙汰にまでなった事例が、そこそこあったようで。

 

 

( もしかしたら、もっと以前から、そういった類いの揉め事は

いろんなところで多々あったのかもしれんが )

 

 

まだ、法律の条文でゲームのプログラムが著作物だと

明確に定められていなかったので、いろいろ議論されたらしいですが、

結局、プログラムが著作物だと認めた上で

真似したらアカンよ、もしくは、そのまま使ってもアカンよ

みたいな判決が出されて、

それらはアカンことになったんだとか。

はぁ。

 

 

そして、プログラムを勝手に使った方への

損害賠償請求とかも認められたようでして。

 

 

それで、その後になってから、

誰からもゲームとかのプログラムが、ちゃんと著作物であることが

分かるように、著作権の法律に条文として

付け加えて明記したのだとか、なんとか。

 

 

ふ~ん。

 

 

今ではゲームやらのパクりが、どーたら、とか

結構うるさいのに、

そういう法律で、しっかり著作物かどうか定めずに

曖昧でどーなのか、よく分からなかった時期もあったのか。

 

 

まぁ、そういう場合は、常識で判断するしかないわなぁ。

 

 

人が商用で作って売れたモノを

ほぼ、そのままの形で使い回して、なにかしらのモノとして

売りに出したりして、それがバレれば

なにかしら言われそうなのは、分かりそうなモンですが。

 

 

やっぱり、一工夫付け加えるなりして

オリジナリティ出せれば、それはまた違うモンになったんじゃないのか?

まぁ、にわか考えで、テキトーに言っているんですがねぇ。

 

 

ゲームシナリオのための戦闘・戦略事典 ファンタジーに使える兵科・作戦・お約束110 (NEXT CREATOR)

 

 

これはいい本見つけたわ。

なんていうかゲームも、もちろんだけども

昨今の異世界転移・異世界転生系のラノベの

成り上がりモノとか書くときに使えそう。

というか異世界モノ書いている人って、こういうの読んでいるのか?

こういうゲームのシナリオ用の本を読んで知識蓄えているのか。

 

 

僕たちのゲーム史 (星海社新書)

 

 

<ゲーム プログラム 著作物 著作権法 法律 パクり 昭和 規定 制定>