ライオンの排泄物で電車事故を防ぐ話

るぁ

 

 

 

国内では、電車とかで、山とかの森沿いを走っていたら

シカなどの野生動物が「あら、こんにちは」と、

電車の前に飛び出してきて、

はねてしまうという物損事故が結構多いらしい。

 

 

それで、こういった事故がなくなるようにどうしたもんか、

と考えたところ

ライオンの排泄物を、線路のレールとかのまわりに

まくことにしたところがあるんだとか。

 

 

動物園でライオン飼っているところから、その排泄物をもらってきて

水にとかして、バッサバッサとまいてみた。

 

 

そしたら、シカなどは、自分よりも強い動物の気配(というか臭い)を

感じ取ってしまい、近づいてこなくなり

野生動物と電車との接触事故は減ったんだとか。

 

 

ふ~ん。

 

 

でもさぁ、なんで国内の動物が、ライオンの臭いとか分かるわけ?

国内に野生のライオンなんていないじゃん。

 

 

それでも、なんとなく、こいつ肉食獣だ、食われるとか

臭いで分かってしまうわけ?

 

 

野生の勘とか、そういうのなのか。

なんか事前に、どこかでライオンの排泄物をまいたら

他の動物が近寄ってくるか、どうかの実験をして

そういうことが分かったらしいのであるが

他の動物の排泄物とかでも代用できないもんなのかねぇ。

 

 

クマの排泄物とか。

クマならそこらへんにいるけれども、

たとえ排泄物を回収できたとしても、効き目とか無いのかねぇ。

 

 

そこらへんの山にたくさんいるから

シカとかも臭いかぎなれていて、あんまりビビったりしないとか。

 

 

ライオンの排泄物とか、

国内にいない強そうな動物の排泄物とかだったら

「この臭いは知らない臭いだ・・・しかもなんか強そうだ、

未知の猛者だし、近づくのはやめておこうか」

とか警戒したりするのか。

ならライオン以外にも、トラとかの排泄物も有効かも?

 

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

 

こういう動物出てくる法律の本いいですよね、カワイイ。

それに分かりやすい、イメージしやすい。

 

 

 

 

 

<鉄道会社 電車 鉄道 交通事故 鹿 熊 野生動物 下山 飛び出し>