手紙は切手貼らずに直接自宅に投函しよう

 

 

なんか思ったのだけれども

誰か身内、、、知り合いとかに挨拶の手紙というかハガキ書いて

出すにしても、結構マメにそういうことしていると

結構切手代がかかってしまうので

家が近くであるとか、車で数分の距離に家があるのであれば

直接家のポストに、ポスッと静かに投函してくればいいのではないか?

とか思いました。

 

 

(郵便配達屋さんの手を煩わせるまでも無い)

 

 

まぁ投函されて受け取った相手は、えっ?切手貼ってない、

どうやって届いたの?まさか直接届けに来た、、、、マジかよ、

いつの間にとか思って気味悪がるかもしれませんが、、、まぁいいじゃん。

 

 

 

っていうか、毎月ハガキ2枚ほど、親類に出しているのですが

最初の挨拶何書けばいいのか分からなくて

毎回、手紙書いて出すときにネットで調べているし、

また字だって汚い字はさすがに書けないので

文字だって練習しています、手本見ながら。

やれやれ。

 

 

 

なんていうかね、、、メールとかじゃ無くて、手紙。

というかハガキ、、、は、縁をつないどきたい相手には定期的に

自分の字で書いて出しておくべきですよ。

 

 

当たり障り無いことだけ書いておいて、

綺麗な風景やらなんやら描かれている、

市販のハガキやらポストカードであれば

もらって嫌がられることはない、、、、まぁ一体どんな

金銭的な下心があるのか勘ぐられるでしょうが・・・・

 

 

まぁまぁ、、、実際そうなのですから(笑)

 


 

 

とにかくハガキ書いて送っても相手から

一切返信ハガキ来なくとも、また送ってみるべきですかね。

 

 

もらったハガキを相手がチラリとでも見ていることは確実なのですから。

すぐに捨てられるにしても、一度は必ず見ているはず。

それでもいいんですよ。

 

 

いや、、、それでいいんですよ、十分役目は果たしているぞ。

 

 

 

ああ、あと良い風景ないし動物が描かれたハガキは

大体150円ちょいくらいで売られていますかねぇ、本屋というよりも

文房具屋に置いてあるのをよく見かけます。

 

 

(あと美術館とかにも、面白い絵柄なのが置かれている)

 

 

あと送る相手が、ということよりも

自分が欲しい、と思った絵柄のハガキを選んで買ってきた方がいいですし

楽しいですよ。

 

 

ハガキを書いて出すのは自分が楽しいから、と思っていた方が

なんか気が楽になるといいますか・・・

 

 

そういうのが娯楽なので。

 

 

 

SH


にゃんこから10の手紙

 

 

 

<関連する記事>

 

脅迫状が来ても犯人が見つからないことは多い?

 

<明治> 昔も女性を装い出会いを求める奴が多かった

 

 

 

<ハガキ 挨拶 知り合い 切手 ポスト 郵便受け 郵便 投函 見舞い>