おすすめ記事(スクロールできます)



ヌイグルミを置いて、ツバメに巣作りを諦めさせた話

 

 

今は五月中旬。

この時期になると、ツバメがポストに巣を作ろうとするのである、毎年。

 

 

で、まずは下見に、そこらへん飛び回って徘徊して

なぜかうちのポストの中が、よく選ばれるのである。

 

 

 

アパートを借りて住んでいるのであるが、

帰ってきて郵便物入っていないか確認すると

なんかどこからかツバメが持ってきて入れたと思われる

ワラやら枝クズやらいくつも入れられているので

こまめに取り除いているのであるが、

それでも、また時間をおいてポストの中を確認すると

入れられている・・・こりないやつらだ。

 

 

あれだな、たぶん、このツバメは

幼い頃、人にヨシヨシと可愛がられて育ったんだな、

どこぞの人様の軒下とかでそのツバメの親が巣作りして、

それで邪険にされず、譲られる形で

巣はそのまま放置されて、その家主である人間からなんら

追い出されることもなく、ぬくぬくと温かい目で

成長過程をみまもられながら、巣立ったのだと思う。

 

 

まぁツバメが家で巣作りすると縁起がいいとか言われているので

そういうのに寛容なヤツもいると思うが、、、

 

 

しかしアパートのポストに巣作りするのは

許容できませんよ。

 

 

何度も何度も、ワラだかを、こまめに取り除いているのに

拒否されていることにも気付かずに、、、気付いていても

なんで拒否されるの?受け入れろよ、という、ずうずうしさを

かもし出しながら、諦めずに巣作りしようとする。

 

 

人間慣れしすぎというか、甘やかされてきて、

つけあがっているのかは知らんが・・・

 

 

 

で、郵便ポストの入れ口に

簡単にビニールシート貼ろうとしても

郵便局の人とかが郵便物入れにくくなるので、

どうしたもんかと思いました。

 

(以前は貼っていたのですが、、、大家が貼ってくれていたが・・・

やっぱ配達とかに少し支障が出たのか、すぐ剥がしたりとかしていた)

 

 

 

で、ビニールシートの代わりといいますか、

試しに郵便受けの中になんか水の入った

小さなペットボトルを入れてみたのであるが効果無し。

(猫かよ!)

 

 

とにかく巣となるポスト内になんか巣作りの邪魔になりそうな

異物を入れておけば、ここはなんか住みにくいなぁ~ということで

場所を変えてくれるかも、、、と思ったのですが。

 

 

 

で、いろいろ考えた。

 

 

なんか玩具屋とかに売っているような蜘蛛やら蛙やら蛇やらの

作り物でも買ってきて、入れておこうとか思ったのですが、

わざわざそこまでせずとも、なんか身の回りにあるもので代用できないかと

考えました。

 

 

で、とりあえず部屋に置いてあった

古くなった小さなヌイグルミを2つほどポスト内に入れておいた。

なんかクマとアヒルのヌイグルミである。

(ゲーセンのクレーンゲームで以前ゲットしたヤツ)

 

 

そしたら、さすがに存在感があったのか、効果があったようで、

それ以来、ワラとかそういうのはまったく郵便受けのポスト内には

敷かれなくなった。

 

 

さすがにギョッ!としただろ~。

 

 

それで代わりに、隣の部屋に住んでいるとこのポストに

ツバメが出入りして、なんか巣作りし始めるようになった。

 

 

そうだ、そうだ、、、それでいいんだ。

受け入れてくれるところへお行き。

 

 

<関連する記事>

 

空き巣に盗まれた物を警察は全部返してくれる?

 

江戸時代は、人だけでなく“トリ”も島流しの刑になった?

 

 



 

 

<郵便 配達 季節 人形>