試験会場に枕を持ち込んだらダメ!とか言われた話

 

 

 

かなり昔の話であるが、

私が高校3年生の時の受験の時に、

1月だったか、センター試験を

地元の大学が会場だったので、

受けに行ったことがあります。

 

 

(というか、みんな受けていますが・・・)

 

 

 

で、当時、私は風邪気味で体が寒かったということもあり

いつもマフラーを巻いていて、

 

(冬ですからね、しかもその年は冷え込んで、会場の外にも雪があった)

 

当然受験会場でも

試験中にマフラーを巻いていたい、と思ったのであるが

なんかいろいろ持ち込み不可な物が多かったので、

自分の持ってきたマフラーが持ち込み不可かどうか、

当日、教室で、試験がちょうど始まる前に、教室内を

ウロウロしていた試験官に、

試験中に持ってきたマフラーを首に巻いたり膝掛けにしていてもいいのか、

聞いたのですが、、、、

 

 

たずねられた試験官が「はぁ?枕?さすがにそれはどうとか思うがね?」

とか言われて、むっ、ときて、「いえ、マフラーです!」とか

答えたことがありました。

 

 

誰が試験中に寝るかよ!

人生左右するんだぞ!

、、、まぁしかし体力温存策のために、早く答案がマークしてできあがったら

机の上に自分の愛用の枕を置いて、そこに頭を置くのも、まぁ悪くはありませんがね・・・

 

(過去にいたのか笑)

 

 

なんで、マフラーを枕だと誤解するんだ?

 

(マフラー、と、マクラ、、、しっかり発音してマフラーだと答えたはずがぁ)

 

そういう不届きなヤツがいること前提で、高校生のこと

そういう目で見ているんだろ。

 

 

試験官だから、先入観的に受験生はなにかやらかすかも、、、、不正以外にも

寝るかもなぁ~とか。

 

 

 

いや、しかしよく考えてみればセンターの時、余った時間は

私はすべて答案の見直し、誤回答や記入欄のズレなどの発見に真剣に

目を配っていたが、(浪人だけはしたくない、と思っていたので)

中には、まぁ机にふっぷして寝ているヤツもいるのは、たしかなので

たぶんそういう類いに見られたのかも知れませんね。

 

 

やれやれ。

 

 

 

ちなみにマフラーの使用は許可されて、試験中風邪気味で

マフラー寒そうに巻きながらひたすら問題ときながら

鼻をすすって、ティッシュで鼻かみまくってたら

試験官から、マジで風邪か?大丈夫か、とか、試験中に心配されて

はい、なんとか、、、とか答えていた記憶があります。

 

 

 

※ ・・・受験は人生を左右するかどうか、

今になってからよく考えてみると

やっぱり左右すると思います。

 

どんなとこに将来的に就職するにせよ、

就職せずに、やっぱりニートになるにせよ、、、それらはまだ先の話。

 

10代の多感な時期は、浪人したりせずに

できればやはり1回で志望大学に入れるように努力すべきでしょう。

まだ挫折するには早すぎる年齢。

 

 

 

SH

 

 

体調管理はいつも万全に。

 

 

 

 

<試験 マフラー 持ち込み 会場 風邪 思い出 受験 大学 大学受験 マクラ 睡眠>