おすすめ記事



無職期間長いヤツは、バイトの面接時なんて答える?

 

 

 

(※仕事辞めて家に引きこもっていたブランク期間の言い訳を

面接時にどう話すのか、どう伝えるのか、、、というのが

今回の一応のテーマです)

 

 

 

・・・なんかふとたまに考えてしまうのであるが

30代、40代とかになってから

会社勤めの仕事を辞めて、

しばらく無職になってから、それなりに期間を

おいてしまった人、、、

(数年間ぐらいのブランクで家に引きこもる)

 

 

つまりある程度歳とってから無職期間、

長く作ってしまった人は、どうやって社会復帰するんだ?

とか思ってしまった次第でして。

 

「山奥ニート」やってます。

 

 

しかも車とかも乗るのをやめてしまったら

どうやって仕事探すんだろうか?とか思ってしまった。

 

 

まぁまずはバイト探し、、、リハビリ感覚というか

もう正社員になりたくないし、

別に養う家族などがいなければ

自分1人くっていくくらいの収入があればいいわけだから

実家とかに住んでいるのであれば、

家の近くで自転車とかで通える範囲内で

バイトを探さなければならない。

 

 

いい歳してからはこれはかなりいろいろ辛いだろう、とか思う。

 

 

車は手放せないけれども地味に維持するのに

費用がかかるので

無職には辛い所有物なので、職失ったら、頃合いをみて

車を手放してしまう人もいるんでないかい。

 

 

(保険代、ガソリン代、駐車料金、免許更新料、車税、あと他。

もう定期的に払わなくて良いかと思うとかなり気が楽になります。)

 

 

 

それに若かった学生バイトの時とは何もかもが違うんだぞ、

無職期間長かろうが、大人の1人としてしっかりと

世の中からは見られますから。

 

 

できれば身内や、または親戚とかの縁故などをたどって、

バイトでも探せればよいのですが、、、そう上手い話もないでしょう。

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 

、、、と話は戻ってバイト探しからだ。

 

 

家の近くに電車やバスなどの交通機関がなければ、、、

というか乗るだけでも結構金かかりますし

(なんのためのバイトなんでしょうか)

はっきり言って時刻とかあわせて

バイトのシフト考えなきゃいけないのは手間がかかりますので

やはり自宅からチャリとかで通える範囲内限定ですね。

 

 

そんな田舎でもなければ、何かあるでしょうよ、なにか。

 

 

 

・・・まぁでも、まずは、どこでバイトするか?とか考えるのも必要ですが

バイトの採用面接とかにそなえて、

まぁあまりバイトなんかで根深く聞かれたりはしないだろうが、

 

(まぁでも深く聞いてくる、ろくでもないヤツもいるが、、、

そういうバイト先はできるだけ避けた方が良いが、、、まぁ聞かれるでしょう)

 

一応、家で無職期間の間の言い訳をどうするかだけは

しっかりと考えていた方が良いでしょう、

とっさの時にちゃんと答えれるようにするためにも。

 

(それにしっかり考えておけば後ろめたい気持ちにもなりませんから笑)

 

 

しかし、まぁ真正直に答えてやる義理なんてないですので

しっかり設定練っておきましょう、

それに無職期間どんくらいかなんか正社員でもなく

バイトで雇うのであれば調べようもないわけですから。

 

 

ちゃんと設定練っておかないと、

その歳になるまで何やってたんだ、なんで働かなかったの?

なんで無駄に歳とったんですか?と、

普通に隠そうともせずに笑われますので、、、

 

 

まぁ設定をしっかり考えて話すことができるかどうかも、

ちゃんと職場で働けるかみられているわけですから、

あまりにもわざとらしくなければ、そうかそうかと流してくれるでしょう。

まぁ仕事さえ問題なくこなしてくれれば良いだろう、と

生温かい感じです。

 

 

まぁとにかく面接受けるときは、あまり自己主張とか無駄にせずに

聞かれたことだけ答えて、相手の話をしっかり聞くことですね。

まぁ話すべきことはしっかり話ておかなければならないですが。

 

 

相手の話を肝心な時に、相手が一通り話したい時に

黙って聞くことできない人は雇わないでしょう、誰でも。

仕事の指示だすことができないってことですから。

 

 

歳とっていて、ある程度無職期間あると黙って人の話聞くことが

分かっていても難しいんですよね。

 

 

あとは謙虚に対応することです、こちらは雇ってほしいと

ある程度、お願いする立場ですから、

(それにむこうは赤の他人ですから)

なんかちょっとした細かいこと聞かれても

ムッ!とした嫌な顔というか表情に露骨に出さないことですね。

 

 

まぁしかしあまりにも面接時の雇い主側の対応が横柄であれば

その場ではグッとこらえるにしても、

普通にそんな職場はスルーしましょう。

面接時はお互いに相性見るための場ですから、

あからさまに見下してくるならば、そんなもん雇われん方がマシでしょう。

他にも職場はありますし。

 

 

(あと無職期間長いからといって、そんな面持ちで自信なさげな様子で

面接受けに行かない方が良いですよ。)

 

 

とにかくやはり事前の職場での噂などの情報収集はしっかり

必要不可欠であり、そんな職場へバイトといえども

面接自体受けにいかないようにしましょう。

 

「ニート」って言うな! (光文社新書)

 

 

話は戻る。

 

 

考えられる設定としては、

どっかで正社員で働いていて、しばらく勤めてから

実家に帰ってきて、なんか実家の家業(田んぼでも畑でも)の手伝いしていた、

とか、またはどっかで、ちょっとだけバイトしていたとか、

調べようもなく、遠い昔のことを掘り出して設定に加えてもいいですから

まぁある程度ちょっと、あきらかに自身がしていないことは

設定に加えずに、リアリティもたせるために、とっさに答えれるように

現実にある程度、そった設定内容にした方が良いと思います。

無難なのにしておけ。

 

 

まずはそこらへんしっかり考えるのが

社会復帰への第一関門ですかね。

 

 

面接時だけでなく、もし採用されたら

職場でともに働く仲間とかからも最初の頃はツッコまれることが

あるかもしれませんから、自然に答えれて違和感ない

現実に即した設定を考えておきましょう。

 

 

 

・・・まぁしかし若いバイトとかと比べて

扱いにくいイメージがありますよね。

相応に歳とっていると。

 

 

まぁ雇う側も、あくまでバイトを雇うのだと

わりきっている部分もありますので、

雇ったバイトが歳とっていようが、どうしようが

相応に扱うだけでしょうが。

 

 

ちゃんと真面目に働いてくれさえすればそれで良い、という雇用主もいる。

いろんな人雇って使ってみて、最終的に出した結論なんでしょうね。

 

 

なので、バイト探して面接受けるにしても

ちゃんと自身が馴染める職場なのかどうか、

しっかり見に行くなり、情報集めるなり調べておかないとですね。

 

 

どういう人間が働いているのか、そしてどんな作業をさせられることになるのか。

 

 

まぁバイトですから、そんな難しい仕事はさせられないでしょうが、

やはり人間関係ですね、これが合わなければ、すぐに辞めてもいいです。

 

 

バイトであり、正社員でもなければ

不快な思いをしてまで働く必要が無いので

すぐ辞めてもいいでしょう。

 

 

なので事前に、もし馴染めずにダメだったら、どういう感じで

職場をさるのかも、ある程度考えておかないと。

 

 

電話1本入れて去るのか、なんか辞めると告げるのも

なんか言いづらくて嫌だし、

さしさわりなければ、黙ってバックレても良いのかどうか。

 

 

はっきり言って

しばらく働いてみてものすごく嫌だった、というわけでもなければ

体調不良がどーのと、バイトある日の朝に1本電話入れて

それからもう、いかなくなるのもありだと思います。

 

 

しかもその電話は直接雇用主に言わずに、電話出た従業員に

言づて頼んでおけば、それで良いでしょう。

 

 

電話するだけ律儀です、しっかりした大人ですよ。

とても偉いことです。

 

 

 

・・・まぁ辞めること考えるにしても、まずは履歴書用意して

しっかり考えて記入して、面接の電話を入れるところからですね。

 

 

そこらへんが第一歩であって、かなりの勇気が必要なのである。

 

 

どんなに準備万端だ、と思って用意しても

電話して、あの~求人みたんですけれども~、と話すのは

どんな年齢になっても、かなり緊張しますので。

 

 

 

(あの固定電話でも携帯からでも、番号を打ち込んでからの

プルルルルル、プルルルルル、という音聞いている最中って

ホント、どっくんどっくん、なんですよね。

 

 

なぜか知らんが、このまま今、むこう側は

仕事中で忙しくて

誰も電話とらないでくれ、頼む!、、、とか意味不明なことを考えてしまう。

 

 

このまま時よ、永遠にって思う。)

 

 

 

だって、そこでの会話がすでに面接なわけですから。

経営者なりが直接電話にでなくても、あとから電話とった人に

必ずどんな感じの人だった?と尋ねる人が多いですから。

 

 

そりゃそうだよ、自分が雇う側だったら、かなり気になるだろ。

できるだけ変なヤツは事前に面接するまでもなく、はじいておきたい、と思うはずだ。

 

 

まぁ年齢とかではじかれるのは仕方ないにしても

 

(やはり職場の人員構成をどんな年齢層や

男だけか女だけか、はたまた混合するなりして

どういう感じで固めるか、とかは

経営者は考えられていますから、それは経営者の自由なので、しゃーなしだ。

そこらへんは求人の紙とかに露骨に書けませんから、暗黙の了解ということで)

 

 

なんか、ちょっとした電話での会話で

面倒くさそうなヤツだとか思われたら、あとから

折り返しの電話がかかってきて、いや~スミマセン、

一応求人はそのまま出しているんですが、

今ちょっと人は足りている状態なので~とか言う感じで

無難に断ってきます。

 

 

急募!とか、求人の方に書かれていても、

そういう感じで言ってきますので、まぁ食い下がっても

仕方ないですから、その際は、、、まぁまた他を探しましょう。

 

 

SH


無職本

 

 

<関連する記事>

 

無職の兄が、働く弟に嫉妬して、鍋にぶち込んだ話

 

仕事をしていない無職期間は何をすべきなのか?

 

1年に2日以上は絶対に働け!という法律の話

 

 



 

 

<無職 ブランク バイト パート バイト探し 仕事探し 働く 労働 社会復帰 リハビリ 雇用 従業員 中年>