おすすめ記事(スクロールできます)



真珠は本当に万能薬になるのか?実際の効果は・・・

 

 

 

アレですよ、アレ。

貝の中とかで作られる真珠。

 

 

これは、大昔から、なにかしらの効果がある、、、

それが解毒薬だったり、

行き過ぎとしては不老不死の薬になったりするのでは?

などと、大概なにかしらの万能の薬になるんじゃないか?

と思われてきた。

 

 

(まぁ見た目綺麗ですからねぇ、、、

もしかしたら、特別な効果が?とか昔の人が思ってしまうのも

仕方の無いことだとは思いますが)

 

 

 

それで真珠を粉にして飲んだり、

または水や酒と一緒に丸飲みしたり、

変な水に浸して柔らかくした上で食べたりと、

いろんな方法で服用されたりしてきた。

 

 

 

でも、そもそも真珠っていうのは、

貝の中に小さな虫やら砂やらの異物が入ってきた時に

貝が中から、それを包むようにして

なにかしらの膜(まく)みたいなので、おおって固めた物が

真珠になるのである。

 

 

で、その何かしらの膜というのは

貝殻と同じ成分で作られるのである。

 

 

つまるところ、真珠っていうのは、貝殻と同じ成分で、できているのである。

 

 

ということは、飲むなり食べるなりして服用する、ということは

貝殻を飲んだり食べたりしていることと

同じだと言うことになる(笑)

 

 

それに、、、貝殻を飲み食いすることに、一体どんな効能があるというのか?

 

 

 

・・・最近の、あの黒板に文字とか書くのに使うチョークっていうのは

貝殻とかで作られることも、よくあるらしい。

 

 

そのチョークを学校の生徒がふざけて味見だといって

1本や2本ガジガジと食べたとしても

特に何の害も無い・・・が、

なんの体に良い影響を与えることもない。

 

 

つまり、文字通り、毒にも薬にもならないってこと、らしい、、、たぶん。

 

 

 

まぁしかし、なにかクドイ料理を食べたりして

体の具合が悪くなった時には、もしかしたら

効き目があるとか、なんとか聞いたりしたことはあるが、、、はたして。

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

<真珠 薬 歴史 効能 貝 貝殻 成分 原料 治癒 治療 若返り 不治の病 効き目>