おすすめ記事(スクロールできます)



新撰組の給料は今で言うと、いくらくらいだったのか?

 

 

うろ覚えで、なんとなく書くので、そこらへんご理解を。

 

 

 

あのとても有名な、江戸時代の終わり頃に活躍した

剣の凄腕達による、都の治安維持のために組織された警備隊、新撰組。

 

 

まぁ刀握って、反乱分子がひそむ、

いろんなところに斬り込んで粛正しまくった人達ですが

あの人達も一応今で言う公務員であったのだ。

 

 

まぁちょっと過激な当時の警察みたいな感じか。

当時崩壊しかけのお上らへんに雇われていたのだ。

 

 

 

で、そのちょっと過激な公務員達は、現代で言うと

いくらくらい給料賃金をもらっていたのか?

まぁいろんな修羅場に出向く仕事でありましたし、

それなりに給料は高かった。

 

 

当時のまぁほどほどにもらっている、武士、公務員とかで

私の知っている、当時、江戸に主張してきたヒラの武士であれば、月給3両、、、

まぁ当時で言えば、大体、まぁ幕末らへんですから、

高く見つもっても1両数万円、、、、計算しやすく5万円とすれば

1ヶ月に15万円程度であった。

 

 

(一体、どうやってやりくりしていたのか・・・そんな給料で、

まぁ今みたいに車持っていたり、意味のわからない支払いとか無ければ

それでもやっていけたんでしょうね)

 

 

江戸時代の半ばくらいまでは、1両10万円はいっていたのであるが、

当時は世も末だったので、そんくらいだ。

 

 

 

で、比較して新撰組はというと、ヒラ隊員で、当時、大体月に10両くらい

もらっていたんだとか。

 

 

う~ん、今で言うところの50万円くらいはもらっていたのかぁ、、、

まぁ現代のエリート公務員並には

もらっていたということですね。

 

 

(ちなみに新撰組のトップは月に50両で250万円、、、、

そして次席は月に40両で200万くらいだったらしい)

 

 

 

で、普通の月給がそんくらいだったが、もちろん活躍に応じて

その都度ボーナスだって臨時的に支給されたりもされたらしい。

修羅場にいの一番に斬り込んだりしたらとか、

どんなヤツを倒した、とか、

また純粋に倒した人数とかで計算したのか?

 

 

まぁ、とにかく、そんくらいあげていたから不景気な当時、

志願者もたくさん集まったんでしょうね。

高給取りになれるかもだからぁ~。

 

 

 

でもまぁ一応言っておきますが、ほんと江戸時代の最後くらいには

1両、大体数千円くらいにまで下落してしまいますから・・・

 

 

それに新撰組ができた当時も、

もうすでのかなり米の値段とかの物価もあがっていたとか

聞きましたし。

 

 

詳しいことまでは知らんが、当時、

実質的に開国してしまい、

いろいろ外国と不平等条約をお上が結んだせいなのか

なぜか価値のある金が海外に流れ出てしまい、

仕方なく新たに品質の悪い小型の金を作りまくったら、

そうなってしまったんだとか。

 

 

 

まぁとにかくそういう感じだったということでぇ~

 

 

 

SH

 

 

 

ただでさえ、娯楽の少なかった江戸時代には

すでに、ただの城勤めのサラリーマン化していた武士の娯楽は、

酒飲んで、どっかで美味しい物を食べるくらいだった。

 

 

何を食っていたのか、というと、まぁなんか鳥鍋食べたり、貝鍋食べたり、刺身食べたり

卵焼き食べたり、田楽食べたり、、、あとは餅だか饅頭をひたすら食べた。

 

 

 

 

<関連する記事>

 

明治に入ってからも使えた、江戸時代の小銭の話

 

昔スゴウデ警備隊が旅館に乗り込んだ時に出た法律

 

 

 

<新撰組 幕末 江戸時代 給料 月給 賃金 賞与 歴史 月収>