おすすめ記事(スクロールできます)



昔は、病を追い払う色を用意して対処した話、他

 

 

うろ覚えで、3記事だけ、書きます。

 

 

目次

 

昔、病気が流行ると、嫌がる色を用意して対処していた話

食べ物を良く噛んで食べることのメリットとは?

愛情豊かな、甘い食べ物の名の由来とは?

 

 

 

①昔、病気が流行ると、嫌がる色を用意して対処していた話

 

 

今から昔、特に明治時代に入ってから、病気とかの

ちゃんとした、それなりに効果のある予防法が

海外から入ってくる前には、一体どうすればいいのか分からない、

正体不明な物であった。

 

 

そんな中、とある感染症、、、体に出来物が、

たくさんできてしまう病気などが流行ったりしたことがあったのであるが・・・

 

 

 

その時に、そのまだ明確な治療法が入ってくる前の時代には

どうしていたかというと、なんか、その病が嫌がる色とかいうのが、

あるとか言われて、その色をした、服やら肌着を

病気(感染症)にかかった人に着せて、病を追い払おうとしたらしい。

 

 

または、なんかその色で描かれた絵とか貼り紙とかを

その人が住んでいる家とかに貼ったりもしたらしい・・・

 

 

 

まぁなんと言いますか、病は気からといいますから・・・

 

 

そういった病を追い払うとか言われた色に囲まれた中で

生活することによって、患者の精神が安定するのであれば、

それはそれで、それなりに、ある程度は効果があったのかもしれませんねぇ。

 

 

<関連する記事>

 

色によって、感じる重さが違ってくるらしい

 

鮭は、実は白身魚だとかいう話(お前の身は何色だ!)

 

 

 

②食べ物を良く噛んで食べることのメリットとは?

 

 

まず、よく噛めば噛むほど、食べた物が細かく砕かれて

消化しやすくなることはいうまでもないことですが、

よく噛んで食べると唾液がいい感じに出てきて、

なんか知らんが、食べた物を

胃で消化しやすい状態にしてくれるんだと。

 

 

学生時代の理科の時間に習ったよなぁ~?

 

 

 

あと、なんか噛んで食べると、

なんか体に脂肪がたまりにくくなるらしい。

 

 

それと、なんかよく噛むことで、

よく噛んで食べなくちゃとか考えて、

脳を刺激するんだとさ、、、だからなんか脳にも良いんだってさ。

 

 

物忘れを防止してくれるんだとか、なんとかぁ~。

 

 

 

なので、噛めるのならば、ちゃんと噛みましょう。

 

 

世の中には、歯があっても、よく食べ物を噛むことの出来ない動物も

いるのですから。

 

 

上の歯と、下の歯が、あまりにも不均衡で、

噛んで食べ物をすりつぶすとか、そういうことができないんだとさ。

 

 

 

③愛情豊かな、甘い食べ物の名の由来とは?

 

 

あの実はチョコケーキに見えて、実はチョコケーキなのか分からないが、

実はチョコとか使っているケーキがあるのですが、

お分かりでしょうか?

 

 

まぁ表面に振りかけているらしいのですがね。

 

 

 

まぁそんなケーキっぽいようなお菓子が存在するのですが、

(たぶんケーキだと思いますが)

 

 

そのケーキ(もしかしたらデザート)の名前が、翻訳すると

私をトップまで連れて行って、とかいう名前らしいです。

 

 

(なんか生地がいい感じにフンワリしているので、

なんかノリでそういう名前つけたのかもしれませんね)

 

 

勝手に行きたければ、自分で上にまで行けばいいのに、

とか思いませんか?ねぇ。

 

 

自力でなんとかしろ。

 

 

 

で、なんか知らんが、いろいろ、解釈されて、

なんか、私を愛して、とかいうことに訳されることもあるらしく、

なんか、とても情熱的で愛情豊かな食べ物としてみなされることもあるんだとか。

 

 

食べてみたら、冷えていませんでしたか?

 

 

 

 

<歴史>