おすすめ記事



動物にテレパシーがあるか調べる残酷な実験とは?

 

 

どこぞの海外で、昔おこなわれたとかいう実験の話をする。

 

 

なんか動物にテレパシーがあるか、どうか、

とかいうことを調べるために

ウサギの家族を使ったらしい。

 

 

母ウサギ一匹に、その子ウサギ複数匹を使用。

 

 

 

で、まず母ウサギだけは、どこぞの実験室に

子ウサギとは離れたところに置いておいて、

子ウサギちゃん達は、母ウサギとは遠く離れたところにある

どこぞの潜水艦内に乗せて、水の中へ。

 

 

で、母ウサギの頭に、なんか脳波測定器みたいな物をつけて

母ウサギの脳波の乱れとかを、現在進行形で調べることが

できる状態にしておく。

 

 

 

で、そんな状態で、潜水艦内に連れてきた、母ウサギが産んだ

子ウサギたちを一匹ずつ始末していくのである。

 

 

で、その時に、遠く離れた地上の実験室にいる

母ウサギの脳波になにか変化があるのかを調べたのである。

 

 

母ウサギは、子ウサギの消える瞬間をはたして察知できるのか?

 

 

 

で、実験の結果でなのであるが

はたして、母ウサギは、子ウサギが順番に始末されていくにあたり

脳波の非常な乱れが確認されたらしい。

 

 

つまり子ウサギの生命的危機を、子ウサギたちからの

テレパシーを受信することで察知したのではないか、とか

言われている。

 

 

つまり「ママー、助けてママー!」とかいう子ウサギたちからの

助けてくれよテレパシーを、母ウサギは受信していて、

今助けてあげるからねぇ~、とか思いながらも

どうしようもできずに脳内で悲鳴あげていたってことなのか?

 

 

なんちゅう実験するんだ。

残酷なウサギテレパシー実験とでも言っておくか。

 

 

 

まぁとにかくこの実験が実際におこなわれたのか

どうかは知らんが

本当なら動物はテレパシーで

なんかやりとりしているってことですね。

言葉しゃべらずに。

 

(まぁ鳴き声で会話?とかは、鳥だったら

ピーチクパーチク、またはカーカーとしますが)

 

 

 

とくにこういった、なにかしらの身に危険が迫っている時に出す

助けてくれ~とかいう、そういった緊急性のあるテレパシーだと、

より正確に、そして強く相手(身内とか)に伝わるんだとか、

なんとかいうことで。

 

 

 

 

 

<動物 実験 歴史 テレパシー 動物実験>