おすすめ記事(スクロールできます)



内定取消しの無効により働かずとも賃金くれる?

めそめそ

 

 

会社が新卒の大学生に

卒業した年の4月から正社員で採用してあげる、と就職前に

約束してくれたのに、あとからその約束を無かったことにされてしまう

「内定取り消し」、という言葉を知っていますよね?

 

今では、新卒で就職先がなかなか見つからない、ということもないので

たいした理由もなく一方的に会社の都合で内定が取消しされる、ということも

少なくなったのですが

今から10年ほど前(2010年前後)の就職難の時はよくあった話ですね。

 

ちょうど、その頃私も大学新卒で就活してました。

サブプライム問題とか、年越し派遣村とか、ちょっと懐かしいですね。

 

 

 

それで、一方的に内定を取り消された大学生が

その内定を取り消した会社に対して民事訴訟を起こして

内定取り消しの無効を求めることがたまにありました。

 

そして、内定取消しの無効が裁判で認められたら

そこの会社の従業員(正社員)であることが認められるらしいです。

 

でも、だからといって、それがどうしたというのか?

というか、

なんで、裁判起こしてまで

自分の内定を取り消した会社の従業員になりたいのか?

疑問に思いました。

 

長い間、裁判で、会社と内定取り消しの有無で争って

そのあと、自分がそこの会社の従業員であると認められたとしても

実際にそこの会社でまともに働けるわけがないし

会社に対して裁判を起こすことで

何か訴えた人に得になること(メリット)でもあるのか?

いったい何のために訴えるのか?、、、と思いました。

 

 

それで、弁護士さんに聞いてみたところ

どうやら、

訴えた会社の従業員であることが認められたら

そこの会社に対して、

従業員として受け取るべき賃金(給料)

の支払いを請求できる、とのこと。

 

私はこのことを聞いて、

「はぁ? 内定を取り消されて一度も働いたことのない会社に対して

賃金の支払いの請求だと?」

と、最初は思いました。

 

 

過去の内定取り消し裁判を見て調べてみたのですが、

たとえば、とある大学生が

大学を卒業する年の3月、つまり入社1ヶ月前に(4月から入社)

入社する予定だった会社から、

一方的に内定を取り消されたので、

すぐに内定取り消し無効の裁判を起こした、としましょう。

 

それで、その年の12月に、その訴えた元大学生(大学卒業済み)が

勝訴したとします。

 

そしたら、その元大学生は一切その訴えた会社で働いたこともないのに

入社予定だった4月から、判決の出る12月までの

9ヶ月間分の賃金を、会社から強制的に取れるらしいです。

(4、5、6、7、8、9、10、11、12月の9ヶ月分ですね)

 

 

つまり、

採用予定日以降

普通にその会社で毎日働いていたら貰えるはずだった賃金(給料)を

未払い賃金(今まで支払われなかった賃金)として

会社に全額請求できるみたいです。

 

さすがに、ボーナスまでは貰えませんが(笑)、

ほぼちゃんと毎日ちゃんと働いていた、として計算された

満額分の賃金を請求できるそうです。

 

 

弁護士さんの話を聞いたり、自分で調べてみたりして

なるほど、会社から内定を取り消しされて

わざわざ手間をかけてまで、その会社を訴えようとするのは、

その会社でどうしても従業員として働きたいからではなく

まったく働いていなくとも、実際に働いていたと見なされて

賃金がもらえるから、それ目当てで訴えるのかぁ~、と

ちょっと納得しました。

 

はっきり言って、裁判を長引かせれば長引かせるほど

勝訴した時に、働いていなくとももらえる賃金が

増えていき、訴えた元大学生は得するように思えます。

 

 

・・・・とにかく、裁判に勝って、

従業員の立場が認められたら

その未払い賃金だけを会社から取り立てて

あとは、会社には実際に行かずに辞退する、と、、、、、

うん、納得、納得。

 

しかし、過去に、内定を取り消されて

今回話したような訴訟を

内定を取り消した会社に対して起こして

勝訴した後に、何食わぬ顔して

その会社に通い始めた猛者(もさ)もいますけどねぇ。。。。。。

なんて気の強い人なんだろう、と思いました。

会社で嫌がらせにあっても平気なのか?

 

勝訴したら、たしかにその会社の従業員としての地位を

得られますが、

普通、働きに行こうとするなんて、

まともな神経の人間には絶対に無理です。

 

 

 

 

おすすめの本

 

 

 

SH

 

 

 

 

 内定という言葉を使うのって、新卒の学生だけですよね。

 

ハロワに通っていれば分かりますが、

就職が決まったら、次の月にでもすぐに、

決まった会社で働かなくてはいけないので

「内定もらったぜ!やったぜ!」と喜ぶ時間なんてないですから。

つまり内定が出る=即就職ってこと。

 

新卒は就職が決まって、実際に会社で働き始めるまでの時間が

半年から1年とか、時間が長すぎる

 

そりゃー、そんだけ期間が空けば、会社だって気が変わるでしょうよ。

逆に、そんなに長い間一途に待ってくれる会社の方がすごい、と思う。

 

 

 

<内定取消し 内定 取り消し 取消 訴訟 裁判 無効 賃金 会社 判決 給料 労働>