銀行の名称(名前)の由来とは?

貯蔵庫

 

 

しかし、なんで銀行は、銀行と呼ばれているのか?

金を扱うから、銀じゃなく金じゃないのか?

って一度は、誰もが思ったことかもしれないが。

それに金の方が、価値も高いし。

 

 

なんというか銀行という言葉が誕生した時の時代が

いろいろ銀な時代であったのだ。

 

 

江戸から明治時代になって、海外からバンクという

なにかしら金を貸したり借りたりする場所という意味の言葉が

国内に入ってきて

そのバンクなるものを、今後、国内でも、

この先設置していきたいよねぇ~、ということになったのだが、

まず、海外読みのバンクという言葉を、どういった国内の言葉で

置き換えるべきか、という議論があったらしい。

ふむふむ。

 

 

誰かに教えたくなる「社名」の由来 (講談社+α文庫)

 

 

で、いろいろ、その手の名称を考える専門家やら識者から

候補があがったりするのであるが

もちろん、その中に普通の人が、まず先に思い浮かぶ“金行”だったり

昔ながらの金の両替屋の名前を、そのまま使おうとか、

いろいろな案が、あがったらしい。

 

 

まぁしかし、当時、国内では金よりも銀の方が多く流通していて

 

( すでに江戸時代の頃から、金貨は金持ち連中しか持っておらず、

一般庶民や商人達は、基本、銀貨で、やりとりしていた。

あと外国と結んだ不平等条約により、国内の金がたくさん、海外へ流出とかしていた )

 

また、近隣諸国でも、当時は、どうやら銀を主体として使用していたので

時流にならって、多く使われている「銀で行こうか!」ということになり

バンクは、銀行として訳されたとかなんとか。

 

 

あと、金行(キンコー)という名称よりも、銀行(ギンコー)の方が

なんか渋いですし、言いやすい感じがするからとかなんとか。

 

 

 

習慣が10割

 

 

 

<関連する記事>

 

マカロンの歴史、由来や発祥について少々話す

 

オードブルとは、もともと建築用語だった話

 

 

 

 

<銀行 名称 名前 由来 起源>