江戸時代にも五月病はあった?別名“シャチホコ病”!

さかだち

 

 

五月病というと現代人の勤め人の中だけで、もてはやされている

精神病であるかのように思われていますが

江戸時代にも、勤め人の五月病みたいなモノは存在した。

 

特に、お殿様のお城に勤めている武士、、、、

つまりエリート武士の間で顕著であった。

 

職場の奴等は、みんな先祖代々、エリート武士の身分を

世襲してきた、めちゃくちゃプライドの高い奴等ばかりで

職場(城中)の空気はギスギスしていて

人間関係は、良くないことが多かった。

 

それで、職場(城中)で、同僚からイビられたり、いじめられたりした武士は、

職場へ向かう登城途中、いつも城の門の上に飾ってある

シャチの飾り、ないしシャチホコを見上げては

会社ないし、職場(城)に行きたくねぇ~、

今からでも家に引き返そうかな?登城拒否したい、、、と思い

足を止めることがあったので

そういうのを五月病ではなく、当時は “シャチホコ病” などと呼んだ。

( またはシャチ病 )

 

 

もういっそのこと、自分の武士の身分を

町人とかの一般人に売ってしまって、武士をやめちゃおうかなぁ、、、

う~ん、でも、親含む、親類縁者からの目が、

う~んう~ん、とか思いながらも、しかし、、、、

 

先祖代々、武士の身分を引き継いできたのだから

簡単に、身分を売って、武士を辞めてしまう、などとして

そんなこと現実的には出来るはずもなく、、、しかたなく

今日も職場へウツロウツロに登城するのであった、、、、、

 

 

・・・そして、職場についてみると

自分のことを執拗にイビって、いじめてくる

嫌いな同僚が5人いた。

 

私の顔を見ながら、そいつらは今日はどのようにして、私のことを

いじめてやろうかニヤニヤしながら思案している。

、、、もうホント嫌だ。

 

 

とにかく仕事に集中しよう、、、たしか今日は、私の仕えている

この城のお殿様が、タカ狩りに出かける、ということなので

私も、それについていかなければならないのだった。

、、、そして、あの5人もついてくる。。。

 

それで支度がととのい、タカ狩りに出かけて、なんかお殿様の

機嫌も良さそうなので、無事、タカ狩りの仕事は成功したようだ。

 

それで、お昼になったので、持参してきた弁当を開けてみると

なんと、弁当が空(カラ)になっている。

そして代わりに、ご丁寧にも

弁当箱には馬のフンが詰められていた・・・・・!!

 

そして、同僚の5人が、その様子を見て

(私が困った顔をして泣きそうな顔をしている様子)

遠目から笑っている。

 

さすがに、この仕打ちは、いつもはできる限り寛容に努めている

私も我慢できずに、本人達に感情のままに問い詰めようとしたが

完全に無視され、代わりに上司に事情を伝え抗議したが、

上司からは「そんなもん知らぬ!」とか言われた。。。。

 

 

それどころか、

「 お主が、もし同僚から嫌がらせを受けていたとしても

それはお主が悪いのでは・・・?

一介の武士として恥ずかしくないのか? 」

 

「 弁当が馬のフンにすり替えられていたことにしても

昼になるまで気づかなかったのだから

それはお主がトロすぎるからだろう! 」

 

、、、、と、逆にバカにされて叱られた。

この瞬間、イジメを受けて、いつも我慢していた武士の何かがキレた。。。!!

 

 

次の日、その武士は、普段より少し遅れて登城して、職場へ着いて

すでに部屋で仕事に、とりかかっていた

いじめっ子の5人の同僚に、無言のまま抜刀して斬りかかった。

 

そして、その斬られた同僚のうち3人は即死して、

他の2人は重傷を負って、息も絶え絶えになった。。。

(そのあと死んではいない?、、、たぶん)

 

斬りかかった、普段いじめられていた武士は、その光景を見て

少しは満足できたのであろうか?

そのあと、すぐに、ノー介錯で、何度も自分の腹を切り裂くなどして

切腹して自殺してしまった、、、、

ということが、あったとか、なかったとか・・・・

 

とにかく江戸時代にも、職場での同僚や上司からのイジメや

それに派生する鬱病、出勤拒否などの

現代も抱える様々な問題は、結構あった、、、、ということなのです。

 

 

 



 

<江戸時代 五月病 鬱 鬱病 拒否 歴史 職場 出勤 出勤拒否 嫌がらせ>