おすすめ記事(スクロールできます)



明治時代に名誉毀損(悪口)を取り締まる法律はあったか?

いどばた

 

 

 

1900年代初頭、まだギリギリ明治時代の頃の話。

 

あるところに、まだ子供の息子と、2人で暮らす、シングルマザーがいた。

しかし、近所に住んでいる迷惑な隣人がいて

そいつが、なんの恨みがあるのか、ことあるごとに

直接、または近所中に、そのシングルマザーの悪口を言いふらすので、困っている。

 

 

「 未亡人なのに、息子と2人で、いい家に住んでいて、調子に乗っている

どこに、そんな金があるんだ!とっとと引っ越してしまえ! 」

とか、、、

「 髪型が、しゃれているし、着ている服も派手すぎる。

もっと地味なモノにせんかい! 」

 

とか、近所中に聞こえるように、大声で言ってきて迷惑している。。。

 

 

先日も、

近所で共同で使っている井戸の、

水をくむ桶に使っている縄の修理代をよこせ!、、、とか言ってきたので、

みんなも払っているから仕方なく、私も払ったけれども

「 お前によこす釣り銭なんか無い! 」とか大声で言われて

釣り銭を払ってもらえずじまいであった。。。

 

 

他にも、

「 女一人で、息子を抱えて、どうして暮らしていけるものか!? 

どうせ、体を売って稼いでいるんだろ? この淫売婦めっ! 」

とか、大声で言われて、すごく恥ずかしい思いもしたことがある。。。

 

 

なのでもう、さすがに耐えられないから、

警察に訴えようかと思っているのだが

このようば場合、その隣人を、なにかの罪に問えるのか?、、、と、

そのシングルマザーが、法律に詳しそうな?知人に相談したことがあった。

 

 

そして、この知人が言うには、

そういう悪口を真に受けると、あなたの精神衛生上、良くない。

そういう奴は、あなたが相手にするには足らない、くだらない人だから

右から左へ聞き流して、そいつが自分で自分に対して

悪口を言っているようなものだと、思っていた方がいいでしょう。

 

警察に告訴とかもできる事案ではありましょうが、

そんな、かたくなな、面倒くさいことなんかしないで

とにかく、まともにソイツに取り合わないようにしなさい・・・

という、アドバイスをした。

 

 

・・・さて、なにから話しましょうか?

まず、明治よりも前の時代、、、つまり江戸時代には

名誉毀損罪っぽいものはあったのか?というと

もしかしたら、それっぽいものは御触れとしてあったのかもしれないが、

その御触れなる当時の法律で、取り締まるとしたら

庶民間の悪口どーこー、ではなく、おそらく

幕府への批判を取り締まる系のものオンリーだった、と思われます。

 

そして、江戸時代が終わり、時代が変わり、文明開化した明治時代に、

明確に名誉毀損罪(もしくは侮辱罪)として残っているモノとして

明治時代の最初に出来た “ザンボウリツ”(讒謗律)というものが、あります。

これが日本最初の、明文化された

名誉毀損罪の規定といえるのではないでしょうか?

(・・・たぶん)

 

そして、そのサンボウリツができた数年後に、

ザンボウリツの代わりに、今でいう、旧刑法ができて

その条文の中に名誉毀損罪が規定された、、、、が、しかし、、、

 

ザンボウリツ、そして、その旧刑法の名誉毀損罪の規定のどちらも

やはり、一般庶民の個人間の悪口の言いふらし、とかを

取り締まるモノでは無かった、、、みたい。

 

当時は、明治時代、まっただ中は、

政府に対して、

「 もっと国民の意見を聞き入れる制度とか充実させろ~! 」

みたいな自由民権運動やらが、さかんに、おこなわれていた時ですので、

新聞、雑誌、ビラとかで、現政府を中傷したりするのを

政府の都合上、取り締まるための法律という意味合い、

というか色合い?が強かった、、、みたい。

( 言論弾圧を正当化するために規定された法律ということ )

 

なので、はっきり言って、

明治時代に

隣人とかが、自分の悪口を近所中に言いふらすのを

取り締まって罰するような感じの法律は無かった・・・

と言えるのではないでしょうか?

 

 

それでも、当時の警察とかに相談すれば、

多少は、なんとかしてくれたのでしょうか?

隣人を注意するなりしてくれるのだろうか。。。

私としては、たぶん、何もしてくれない、、、と思うのですが?

 

だって、

明治の頃から100年以上経った、今現代の日本においても

隣人とかが、近所中にビラをまくとか証拠の残る形ではなく

口頭で人の悪口を言いふらしたりして、ウワサしても

警察は、なかなか取り合ってくれないみたいですし、、、

 

ならばなおさら、明治時代、当時は

さらに取り合ってくれないでしょうよ・・・

 

まぁ、今回のシングルマザーが、最終的にどうしたのか、どうなったのかは

分かりませんので、

結局、どうやって、その隣人に対処したのか?

ちょっと気になるところではありますが、、、ね。

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

なぜ、その人を傷つけるのか?というので

「 あなたを脅威と感じるから、攻撃してしまう 」

とか書かれているが、

たんにストレス発散するために

何言われても抵抗しなさそうな、

気の弱そうな奴を狙っているだけなんじゃなかろうか?

 

まぁ、自分を攻撃してくる奴の心中を、おもんばかるほど

私は寛容にはなれませんが、、、

 

とにかく、相手からの攻撃をスルッと

かわす方法とかが、書かれている。

 

 

 

 

 

 

<明治 明治時代 近所 近所付き合い 悪口 隣人 名誉毀損 法律 嫌がらせ 村八分>