おすすめ記事



蚊の吸った血から恐竜は再生できるのか?、他

 

 

うろ覚えで、3記事分、書きます。

 

 

目次

 

①蚊の吸った血があれば、太古の生物、復活なるか

②大事な物を紛失したら、なぜ悲しい気持ちになるのか?

③ゴルフコースは最初22ホールもあった

 

 

 

①蚊の吸った血があれば、太古の生物、復活なるか

 

 

なんか知らんが、太古にいた恐竜の血をチューチュー吸った蚊とかが、

なんか樹液に固められて、カタマリとして残って、

その蚊の吸った血から恐竜をなんか知らんがDNAかなんか分かれば

クローンかなんかで近い物作れるんじゃないのか?とか、

ロマン抱いたりとかしますが、、、実際どうなのか?

 

 

なんていうか今現代の技術力では、

そんな昔の血とかからは作れないみたいですね。

 

 

なんか実際に生きている生物から取り出した、

取り立ての細胞とかがないと無理っぽいですね、基本。

 

 

つまり今現代にいない生物からは、

そのクローンは作れません、ということらしい。

 

 

 

まぁしかし時代が進んで、

そういった大昔のなにかしらの血とかからも、

なんとかクローン作れるようになっても、

その血の中のDNAが、かなりの年月が過ぎていても、

ちゃんとした形で劣化せず残っているのか、というと、、、

 

 

②大事な物を紛失したら、なぜ悲しい気持ちになるのか?

 

 

大事な物を紛失して、どこかで、なくしてしまったりした場合に、

なぜ悲しくなるのかというと、

その代わりはないからだ、と思って、

もう二度と手に入らない物だと思うからである。

 

 

まぁ特に昔、誕生日とか、なにかの記念にもらった物だとか、

そういう思い出の品とかを紛失すると、結構、心にきますよね。

 

 

それだけ貴重な物を失えば、やはり、ああこれしかなかったのに~、

と思って、喪失した悲しみがこみあげてくる物である、誰しも。

 

 

 

しかし、心を埋めてくれる新しい物は、

探せば、きっと、すぐに見つかるものである。

 

 

同じ物は、もう二度と手に入れることはできないが、

なにか代替になりそうな物を、

すぐに考えて探してみるべきである。

 

 

喪失したという虚無感を埋めてくれる、代替品になりそうな物は、

探せば世の中は広いので、がんばれば意外と、いくつも見つかったりします。

 

 

 

大事な物を紛失しても、

また新しい素晴らしい物との出会いは待っているはずである。

 

 

③ゴルフコースは最初22ホールもあった

 

 

現在では、どうやら18ホールらしいけれども、

大昔は22ホールもあったらしいが、

なんか土地をお上に一部返すことになり、

今の18ホールのコースの数に。

 

 

そして、そのコース数が基準になった。

 

 

けれども、どうやら当時の人は喜んだらしい、

なぜなら、当時使われていたボールは重く、

そしてクラブは打ってもあまり飛ばない物なので、

あまり多くホールがあったら、しんどかったらしいですね。

 

 

 

 

<DNA 科学 クローン 恐竜 ゴルフ 歴史 紛失 心理 スポーツ>