<明治>スカートの代わりに何がめくられた?、他

 

 

うろ覚えで、3記事分、書きます。

 

 

目次

 

明治の頃、スカートの代わりに、めくられた物とは?

砂糖に水入れて、温めるだけで、菓子ができる

野菜と果物は、どのように区別されているのか?

 

 

 

①明治の頃、スカートの代わりに、めくられた物とは?

 

 

なんか知らんが、昔、明治時代とかも、

学校でスカートめくりとか流行したことがあったらしい。

 

 

なんていうか、まぁ学校と言っても小学校だし、

スカートというよりも、袴(はかま)でしたが、めくられたのは。

 

 

女性教師が袴を学校にはいてきたら、男の子がイタズラでめくったらしい。

 

 

まぁきっと若くて、

それなりに容姿の良い教師が対象になったのではないでしょうか。

 

 

新人教師か。

 

 

なんか、そういうことがあった、された、

という日記なりが残っていたとかなんとか。

 

 

当時としては、そういうイタズラはどういう扱いであったんですかね?

 

 

まわりからは、所詮、子供のすること程度であったのか。

 

 

さすがに今の時代では、、、そういうことがあると、

やったのが子供あってもアレなんですがねぇ。

 

 

 

まぁ私が小学校行ってたときは、90年代でしたが、

そういうことする男子は皆無でしたね。

 

 

子供なりにモラルのあった人達ばかりでした。

そういうことに内心興味をもつのはともかく、

実際に行動するようなヤツはおらんかった。

 

 

なんていうか、そもそも本当に

人の嫌がるようなイタズラをしたりとかするヤツはいませんでしたね、

なんか昼休み、なにして体育館やら、校庭で遊ぶか?、、、そして放課後は?

みたいな感じでしたね。

 

 

普通に遊ぶことに夢中であった。

 

 

 

②砂糖に水入れて、温めるだけで、菓子ができる

 

 

白い砂糖に水を入れて、電子レンジとかで数分程度、加熱すると、

意外にも、なんか色が濃い色の黒っぽくなって、ドロリとするらしい。

 

 

温かい砂糖水になるかと思いきや、色が変わる。

 

 

なんか一瞬シロップか?とか思うかもだが、

どうやらなんかアメっぽい感じなのか。

 

 

これが固まれば、

なんか舐め舐めできる感じのアメになるんでしょうかね。

 

 

それにしても、なんかお菓子食べたくなったら、この組み合わせで、

家にある砂糖使って、簡単にすぐに、甘い菓子できるんですねぇ。

 

 

 

③野菜と果物は、どのように区別されているのか?

 

 

テキトーに書くよ。

 

 

で、実際区別はどういう基準でやっているのか、というと、

国によっても違うし、

また国の内部であっても、

取り扱っているところによっても違っているらしい。

 

 

とりあえず、これが野菜で、これが果物で、と一応基準を作って示したとしても、

民間で売られている現場では、

また違う基準で、それらが区分けされて売られていたりする。

 

 

なので、まぁそれらを店で買う客側が、これは野菜で、これが果物で、、、と、

勝手に判断する感じで良いのではないのだろうか。

 

 

それで、大体の野菜と果物が判別ができますし、

ちょっとよく分からない、という物は、ネットで調べてみて、

取り扱っているところによって、どっちなのか調べてみては?

 

 

 

 

<歴史 調理>