おすすめ記事



価値の無くなったゴミみたいな物を盗んでも捕まる?

すでにね

 

 

もはや価値の無くなった物を盗んでも

窃盗罪として裁かれるのだろうか?

 

たとえば、期限が過ぎて、もうすでに終了済みの

コンサートとかのチケットないし入場券や

全額引き下ろして、すでに口座解約済みの

銀行とかのキャッシュカードとかを盗んだとしても、、、

どうなるのだろうか?

もう、それらには価値は無いのではないのか?

 

理屈の上でいえば、他人の物でも

すでに価値の無くなった物を盗もうが、破壊しようが

それらには財産的価値が無く、財物とは言えないので

裁かれない。。。

 

 

 

だが、しかし、、、たとえば

誰もいない誰でも出入りできる更衣室とかに忍び込んで

施錠していないロッカーの中に置いてある

誰かのバッグとかをあさって

その中から先述したような、すでに価値の無くなってしまった物だけを

狙って持ち去った、とします。

 

そのように実質、そのバッグの持ち主に財産的な被害が

無かった、としても

そのバッグの中には、

あえて持ち去られなかったとはいえ

それなりに金の入っている財布やら

( 財布の中にはクレジットカードも入っていたり )

他にも、ほどほどの値打ちのある腕時計やら

価値の有る物が入っていることも多々あるので、、、、、、、

 

たとえ、その無価値な物を持って行っただけの泥棒さんが

バッグの中に入っていた金目の物に一切手を付けていなかった、としても

とりあえず警察は窃盗未遂として立件するような方針のようです。

 

 

その泥棒さんが、

本当に実際にバッグを漁って、価値の無い物だけしか

盗っていなかった、としても

他人の目(客観的)に見れば

そのバッグの中から、他に何か、もしかしたら価値の有る物を

盗んでいるかもしれないし、

他のところでも同様に、何件も他人のバッグを

勝手に漁っているかもしれないし、、、、

 

そもそも、特に何も盗らなかったとしても

他人のバッグを勝手に漁ること自体ナンセンスな行為ですので

とりあえず余罪捜査という名目で捕まえておく、、、、というのが

警察としても無難なのでしょうね。

 

ちゃんと捜査とかして、そういうのを捕まえようとしなければ

人のバッグを漁っても、たいした物さえ盗らなきゃ

捕まらないから好きにやってもいいんだぁ、とか思われてしまうでしょうし。

 

 

まぁ、とりあえず捕まえて取り調べして

本当にガチでゴミみたいな物しか盗っていなければ

送検だけしといて

可罰的違法性の無い事案ということで

不起訴処分 (裁判にならず、前科にはならん、ってこと)

になって終わるでしょうが。。。

 

あと、、、前科がある人であれば

ほとんど価値の無くなった物を盗んでも

なんやかんやで、窃盗罪にされてしまう場合もあるとか・・・

弁護士さんが言っていましたが。。。

 

まぁ、とにもかくにも、価値の無い物を持ち去ったとしても

それ自体、窃盗罪に問えずとも

人の持ち物は漁ったから(貴重品も入っているバッグ)

一応、窃盗未遂として、捜査はする、、、、ということ。

 

そして、捕まっても、取り調べは受けて

余罪がなければ、罪にも問われずに

すぐに解放される、と。

以上。

 

 

 

 

<無価値 財物 価値 ゴミ 廃棄物 窃盗 財産的価値>