車の運転中に馬車に会っても馬を動揺させるな法律

馬車

 

 

テキトーに書くので、あしからず。

 

 

ちょっと変わった交通関係の法律の話をする。

 

 

どこぞの海外の地域では、

家で犬を買うような感覚で、馬を、みんな飼っているらしい。

 

 

それで、みんな近所とかを

自分の馬に乗って(乗馬して)

走らせて散歩とかしている、とか。

 

 

そして、そこらの土地とかでも

そういった家庭とかで馬を飼っている人達の

需要にあわせて

馬のエサになるモノとかを作っているらしい。

自動車にとってはガソリンが燃料、、、そしてそれらは、さしずめ

馬を動かすための燃料ってところか。

 

 

昔から、ずっと馬社会だったのか?そこは。

 

 

 

、、、で、馬に乗って散歩している人がいるのであれば、

当然、人を乗せた馬車とかも、走っているところには、走っている。

 

 

なんか風情がありますよね。

 

 

 

それで、その地域にある法律で

道とかで、自動車が、馬車と、すれ違った時に

馬が自動車に驚いて「ヒヒーン!」とかいって、動揺したら

車の運転手は、自分の車を、道路の、はしっこの方に止めなさい、

とかいう法律がある。

 

 

また、

それでも馬が動揺するようであったら

車の運転手は、自分の車を、

馬から見えないような場所まで移動させなさい、とかいうことにも

なっているんだとか。

 

 

なんか、すごく馬車側に配慮された法律ですが

馬車が暴走したりしたら大変ですし、まぁ仕方なし、ですかね。

 

 

っていうか、普通に、自動車と馬車とが、

道すがら、すれ違ったりするのか・・・

なんか想像するだけで、なかなか面白そうですよね。

 

 

 

昔は、どこの地域でも、馬車とかが、道を通っていたが、

自動車とかが発明されて、普及するにつれて

馬車から、より便利な自動車へと自然に移行していったのであるが、

その2つが、共存して存在するとか、

なんか感じうるモノがありますよね。

 

 

まぁもしかしたら、排気ガスが、うんぬんと言われている

今の世の中では、

まだまだ、ガソリン自動車の代わりとなり得る

電気自動車は高いですし、マメに充電もしないといけないですし、

それならば、いっそのこと

馬車の時代へと回帰することが

求められているのかもしれない。

 

 

ちょっと極端すぎるか?

別にいいじゃないか。

エコと言えば、エコじゃないか。

 

 

 

 

 

 

 

<馬 乗馬 運転 自動車 停車 隠す 出会う 出会い 遭遇 途中 法律 道路交通法>