江戸時代に正当防衛という考え方は、あったのか?

 

 

うろ覚えでテキトーに書くので、そこらへんご理解を。

 

 

 

まぁなんというか、あったのか、なかったのかでいうと、

今現代で言う、違法性はない、ということにはせずに、

一応、どんなことであれ、やりかえしたら

とりあえず罪にとうた上で、軽くしてやる要素があるか、

という感じであり、

あれば一応罰することにした上で、軽くしたりする感じなので

正当防衛があるかというと、、、う~ん、グレーである。

 

 

まぁつまり、完全に無罪にしてやるという考えは、

なかったですが、

減刑くらいは、お情けでしてやるって感じ。

 

 

 

まぁたとえば、なんか道を歩いていたら、なんらかの集団に突然襲われて、

仕方なく応戦して、持っていて刃物を振り回したら、

そのうちの一人にあたってしまい、バタリと倒れてしまった場合には、

まぁ状況が状況ですから、極刑はなしですが、

一応、島流しで遠くへ行くことになってしまった、という感じですか。

 

 

これ減刑になっているとはいえ、結構、それでも状況だけに

まだ重いと思うのですが、、、まぁいろいろ事情があったのか、

事件の詳しいこと知りませんので。

 

 

 

あとは、なんか道を歩いていたら、突然誰かが、

お前金持ってるんだろぉ?俺今金持っていなくて困っているから、

めぐんでくれよ~、とか言われて、嫌無理、と断ったら、

財布はそこに入っているのかぁ~、などと、

服をまさぐり始めたので、逃げたら、

追いかけてきて、このヤローとか言いながら、

殴りかかってきたので、

仕方なく持っていた刃物で応戦したら、

相手がバタリと倒れてしまったことがあった時には、

まわり近所の人間や、そいつの身内とかが、

あいつは普段から、態度が悪くて、金をねだってばかりだったので、

いつかこんなことになると思っていました、とか言って、

弁護してくれたので、

島流しではなく、そこの付近の地域から、ちょっと出ていく程度で

済んだのであった。

 

 

こういう感じで、なんか突然おそいかかってきたヤツが

ろくでもないヤツであることが知れて、

まわりが、罪に問われたヤツが可哀想だ、とかいって

同情するようなことを言ってきたら、また少しは軽くなったとか。

 

 

 

あとは身分差ですかね。

 

 

時代さながら、下の路上で物乞いレベルのヤツラが、普通に生活しているヤツから

金品目当てで襲いかかってきたような場合には、

本当に襲いかかってきたヤツが底辺層であれば、返り討ちにしても、

例外としてまったく罪に問わなかった、とかはありますね。

 

 

 

 

 

<歴史 法律>