酒のチャンポン飲みは、レバーがすぐに対処できない

 

 

最近、ちらりと耳にしたのであるが

いろんな酒をごっちゃにして飲んだら(いわゆるチャンポン飲み)

気分が悪くなるのは、

肝臓が対処しきれないからだそうだ。

 

 

つまり、チューハイ飲んだあとに、すぐに日本酒を飲んだりすると

肝臓がチューハイのアルコールの度数やら

種類にあわせて処理して浄化していたのに

そこに、いきなり日本酒がやってくると

 

「アワアワ、ちょっと待ってよ~」

 

という状態になって、日本酒にあわせられないのだそうだ。

 

 

 

肝臓というのは、どうやら、やってくる酒の種類とかに応じて

対応を変化させて

アルコールとかを浄化させているらしい。

 

 

けれども、次から次へとやってくるモノに対しては

すぐのはあわせられない、そこまで器用ではないらしい。

 

 

だから今の場合、日本酒までやってくると

そこまで対応できずに、

それらのアルコール処理がまともにできずに

そのまま浄化されずに体内に残って具合が悪くなったり

二日酔いになったりするとか、、、、ふ~ん。

 

 

 

私も大学時代に研究ゼミの集まりの飲み会かなんかで

チューハイ、日本酒、ビールを次々に飲んだりして

帰りの電車内で揺られて、地獄を見た思い出がある。

 

 

みんなと飲んでいる時には、これはチャンポンであとからヤバいという

自覚があったとしても、その場の雰囲気というか、熱に浮かされて

 

「まだいける、まだいける、これくらい大したことではない!」

 

とか思ったりして、飲むのですが、

居酒屋から出て歩き出して動き出すとやってくるのです、、、、

いろいろなモノが、、、そんなもんか。

 

 

 

なんというか、こういうのは肝臓に訓練を積ませて

なんとかならないものなのだろうか?

 

 

まずは、ゆっくりとチューハイと日本酒を交互に、、、、

そうゆっくりと飲んで、

肝臓に臨機応変に対処させる力を身につけさせる。

 

 

う~ん、無理があるか、それこそ無理をすると肝臓を壊すので

イカンゾウ、なんちゃって。

 

 

 

まぁ若い頃なら、ある程度チャンポンで飲んでしまっても

気持ち悪くなっても、なんとか安静にしていれば

しばらく時間が経てば、おさまるけれども、

歳をとってからも、そういう飲み方をしていたら、、、、ねぇ?

 

 

とにかくチャンポンで飲んだら、経験上、あとから時間差で

急にグッとくるので油断しないようにっと。

 

 

 

 

SH

 

 

 

<関連する記事>

 

いつも酒を飲んでいる動物もいるらしい

(記事の後半)

 

蟹味噌は、カニの脳みそではないらしい

(記事の後半)

 

 

 

 

<チャンポン 酒 肝臓 レバー 処理 酔い 飲み過ぎ 体調管理 気分>