おすすめ記事(スクロールできます)



なぜモロヘイヤという名前なのか、考えよう

 

 

モロに平野で採れるから、

モロヘイヤだとか呼ぶのだとか思っていたのであるが

どうやら違うようですねぇ。

 

 

それでいいのにね?

 

 

 

なんというか意外に安直にそのまま名前つけるとか

結構ありますからねぇ、ポッキーとか、たしかポキッという

音がするから、ポッキーと呼ぶようになったとか聞きましたが、

どうなのかぁ。

 

 

 

モロヘイヤは、あの大きな横から見たら

三角形の墓のある地域の近くとかで採れたとかで、

昔はとある女王とかも好んで食べていたんだとかぁ、へぇ。

歴史の重みを感じますねぇ。

 

 

まぁ茹でると美味いからな。

 

 

 

モロヘイヤは、どこぞの言葉で、王家の野菜という意味らしく、

(そんな偉大な名前だったのか)

王家のモノだ、とかいう意味のムルキーヤとか言う言葉が

なんかいつのまにかモロヘイヤに聞こえるとかで、

モロヘイヤと呼ばれているらしいが、、、、

 

 

まぁムルキーヤ、ムルキーヤと何度も言っていたら

モロヘイヤと聞こえなくも無いかね。

 

 

で、昔どこぞの王様が体力が落ちて衰弱した時に、

モロヘイヤのスープを飲んで元気になったとかいう話も

残されているとおり、モロヘイヤにはいろいろ栄養が豊富らしい、

ビタミンやらカルシウムやら、いろいろ。

 

 

とにかく、なにかしらで寝込んだりしたら

食べてみたい一品でありますね。

 

 

あんまモロヘイヤ食べたことないので、どんな料理に使われるのか

興味のあるところでありますよ。

 

 

SH

 

 

 



 

 

<語源 野菜 由来 歴史>