おすすめ記事(スクロールできます)



実親の同意無しで自分の子にできる法的根拠は?

このてを

 

 

特別養子縁組、という制度がある。

 

普通の養子縁組は、実の親との縁は戸籍上切れないのに対して

特別養子縁組は、実の親との縁が完全に切れて

完全に新しい親との子になる、というもの。

 

で、それでなんか、そのような前の親、実の親との縁が完全に切れるような

特別養子縁組をする場合であっても

実の親(実父母)の同意が必要だと聞いた。

 

(・・・実の子供との縁を切るのだから

その親の同意はたしかに必要ではあろうが、、、、

実の親が同意して、実の子供との縁を切るとかさ~)

 

 

しかし、それでも実の親に、たまに虐待されている子供を保護する、ということで

実の親(実父母)の同意が無くとも

特別養子縁組ができる、という裁判の判決が出ているのは、なぜなのか?

 

実の親の同意無く、

強制的に子供との縁を切らせる(戸籍を抜く)ことなんか、

本当にできるのか?

 

法的な根拠なんてないんじゃないのか?

 

たしかに虐待する実の親から子供を完全に引き離すために、実の親との縁を切らせる

ということも必要になるのかもしれないが・・・・

 

、、、、といろいろ疑問に思って、今回弁護士さんに聞いてみました。

 

[ad]

 

そしたら民法第817条の6のただし書、後段の

定めがあるとか言われた。

 

以下、条文。

 

 

 

(父母の同意)

 

第817条の6

 

特別養子縁組の成立には、養子となる者の父母の同意がなければならない。

ただし、父母がその意思を表示することができない場合又は父母による虐待、

悪意の遺棄その他養子となる者の利益を著しく害する事由がある場合は、

この限りでない。

 

 

・・・ああ、ちゃんと、法に定め合ったのか~と思った。

まぁそりゃそうだわな、私の勉強不足。

 

そして弁護士さん、いわく

子供を無下に虐待したりして親としてよろしくない行為をすると

そういった民法の取り決めに基づいて

親権を剥奪され、実の親(実父母)であっても

子供の特別養子縁組に口出しできなくなると、、、

 

これらはすべて、法律に基づいて行われる手続きであると、、、

 

これらはちゃんとこの民法第817条などによる

法律に従った手続きですよ、とか言ってた。

 

 

まぁでも、民法第817条の6の前後を見れば分かると思いますが

一応原則的には、特別養子縁組する場合

実の親の同意は必要になっているようですね。

(まぁ、あくまで原則ですがね)

 

また、実の親の同意を得て、子供との縁を切る特別養子縁組をする場合

実も父母のどちらかの同意だけでは済まず

実の親の両方の同意が必要となる、らしい。

 

父か母、どちらか連絡を取れない場合など

やむをえない時は片方の同意のみでいい、、、と聞いた。

 

 

・・・っていうか、ここまでいろいろ特別養子縁組について

私の疑問とか意見とか、書きましたが

虐待のケース以外に

どんな場合に通常、特別養子縁組をするのか?

調べてみました。

 

やっぱり実の親が収入面で不安があったり、とか

他にもいろいろ複雑な事情があって

(望んでできた子供ではなかったとか)

育てられないから、代わりに誰かに子供を育ててほしい・・・・・

 

そして、子供が欲しくても、なかなか恵まれない夫婦がいた、として

 

これら双方の欲求がマッチした場合に

よくおこなわれる、、、、とか。

 

まぁ虐待とかで強制的に実の親子の縁を切らせて

特別養子縁組するっていうのは、例外的なケースみたいです。

 

 

 

・・・・・・なんというか、

個人的な意見なのではっきり言いますけど

子供に恵まれない夫婦が、ならば他人の子供を、、、、と思って

引き取って、まぁ最初は子供も小さいからなついて

上手くいくかもしれませんが、

子供が大きくなってからもはたして上手くいくのか?

 

私としては、他人の子供は、所詮、他人の子供。

絶対に大きくなってからも、面倒見るなんて

普通の人には無理でしょうよ。

よほどの慈善家でもないかぎり。

 

それに子供に恵まれないからと他人の子供と縁組を交わして

実親になった後に

ある日、子供に恵まれてしまったらどうするんだ?

 

自分の子供と同じように、その養子にした子供も育てられるのか?

その養子の子供が、自分が腹を痛めて産んだ子供をイタズラで

叩いたりする光景を見たら耐えられるのか?

否! 無☆理☆

 

子供はペットじゃないんだから気軽に引き取るべからず

気に入らなくなったら途中で捨てることなんてできないんだから、、、、

責任もてないだろ?

 

 

おすすめの本

 

 

 

特別養子縁組のやり方について漫画で書いてある本。

やはり、マンガだと分かりやすい。

 

まず恵まれない夫婦とかが、里親として

ヨソの子供を赤ん坊の頃から、預かって育ててみる。

 

それで数年して、その子供が里親になついて

特に問題がなさそうであれば

児童相談所の人が、特別養子縁組を持ちかけてきて

戸籍上も本当の実親にならないか、言ってくる。

 

それで里親が、実親になる気があるのなら

家庭裁判所を通して、いろいろ手続きをして、やっと縁組みが成立する、と。

 

 

特別養子縁組ができるのは子供が6歳になるまでなので

子供を預かってうまくいっている家庭では

児童相談所から早く、

特別養子縁組の申し出がないか、待ち遠しいらしいです。

 

なんというか、実親(産みの親)からの同意がなかなか得られなくて

結構引き延ばされてしまうことがあるそうな。

(実親は一体、自分の子供他人に預けてどんな心境なのだろうか?)

 

もちろん、実親が完全に子育て放棄している感じであれば

そんな同意なんて要らないんですけどね。

 

とにかく特別養子縁組が、どういう場合になされて

どういう手続きを踏まえなきゃいけないのか

すごく分かりやすい!!

 

 

<関連する記事>

 

自分と血の繋がりが無くとも認知できる!

 

血の繋がる実の双子同士が知らずに結婚した話

 

 

 

<実親 同意 許可 特別養子 養子縁組 養子>