おすすめ記事(スクロールできます)



ネズミ猫とは一体何者なのか?

ちゅー

 

 

昔のどこぞの海外の地域の話、昔話。

うろ覚えで書く。

 

 

 

そこには猫を飼っている人が居たのであるが、

よく家とかにいるネズミを捕まえてくるので

この猫はトラ猫(トラのように獲物を捕ってくる猫)だ、ということで

近所に言い広めたりしていた。

 

 

で、ある日、その家に訪れて、家の人から

その飼い猫の呼び名やらの由来やら、

いろいろ猫の自慢話を聞かされた人が何人かいたのであるが、、、

 

 

その中のある人が、いやトラ猫というのはどういうものだろうか?

トラよりも竜の方が強いだろうし、竜猫(ドラゴンキャット)という呼び名に

してはどうだろうか?とか言った。

家の人、猫の飼い主は、ほぅほぅということで聞いていた。

 

 

しかし、また別の人が、いや竜猫というの呼び名は、なかなかですが

竜がそれに登るときには、雲の上に乗っかっていかないと

天空へ登れませんからねぇ。

なんとなく雲の方が、竜よりも良さげな感じがしますよ。

なので、雲猫(クルァゥドキャット)と呼んだ方が

いいのではありませんか。

 

 

飼い主は、なるほどぉ~、それもありか、とか聞いていた。

 

 

そしたら、また別の人が

いやいや雲だって、風が吹けば、すぐにどこかに飛ばされてしまうでしょうに、

やはり風の力の方が、すごいですよ、

なので風猫(ウィンドキャット)というのが、ふさわしいのでは?

とか言い出した。

 

 

猫の飼い主は、上には上がいるものだなぁ、とか思って聞いていた。

 

 

そしたら、またまた別の人が、

いやいた、風だって堅い壁があれば、それを吹き飛ばすのは至難でしょう。

やっぱり風よりも、堅固な壁が、どっしりとした重量感もあるし、

ふさわしい名前なのでは?

壁猫(ウォールキャット)と呼ぶのが良いでしょう、とか言い出した。

 

 

飼い主は、いろいろな呼び名が出てきて、

迷うなぁ~とか思った。

 

 

そしたら、とうとう、ある人が

どんな堅固な壁であってもネズミであれば、ガジガジと食い破って

あげくには壁に穴をあけられてしまうこともあるでしょう。

やはりネズミ猫と呼ぶのが一番ふさわしいでしょう、とか言った。

 

 

そしたら、まわりの人も、おぉそれは良い呼び名だ、

それで決まりだ、

よく考えついたとか言って絶賛した、、、、

 

 

 

とかいう感じの話があったとか、なかったとか。

 

 

なんでそうなった。

 

 

 

 

<虎 竜 雲 風 壁 鼠 猫 名称 あだ名 呼び名 飼い猫 名前>