夜中に人の田畑に入るとその場で処刑OKな法律の話

のうか

 

 

今から500年前ほど昔の話。

その頃、とある地域の法律で

「 夜に、他人の田んぼや畑の中をうろついているヤツを見かけたら

場合によっては、そのまま、殺してしまってもいいよ! 」

、、、とかいう規定がある。

 

 

他人の田んぼや、畑の中に、勝手に入ってしまうことは

現代でも悪いことだけれども(モラル的にも)

当時としては、そういうことする人を見かけたら

殺してしまってもいいのか?

なかなかにシビアじゃないですか。

 

 

どうやら当時、その法律のあった、とある地域に限らず

他のいくつかの地域でも

「 夜に他人の田んぼや畑のまわりを

うろついているヤツがいたら処罰する 」

というような旨の法律はあったらしい・・・

 

 

まぁ、しかし、あくまで

それらの地域は “処罰する”、であって、

“殺す” とまでは定められていないワケで、、、

ということは、

とある地域が、ちょっと過激だったのか(笑)

 

 

とにかく、なぜ、処罰したり、殺したりしてもいいのか?

ということになっていたのか、というと

当時、地域の村の田んぼのまわりに

今現代のように、電信柱がたっていて

街灯とかで夜も照らしている、

なんてことあるわけないので

真っ暗な夜の中、人様の田んぼや畑の中は、もちろん

そのまわりをうろついているヤツは

100%稲や作物などを泥棒しに来たヤツだと

当時は見なされていたらしい。

たぶん、当時の社会情勢から、その通りだったのでしょう。

 

 

まぁ夜に他人の田畑をうろつく必要性なんて無いですからねぇ・・・

怪しいヤツですよ、そりゃ。

 

 

まぁ、その、うろつく行為に加えて

ソイツの手に持っているカゴとかに

稲や作物が入っていれば

それこそが盗みの物的証拠となったようで。

 

 

 

以前から、どこの地域ででも、

そういうヤツを、夜に自分の田んぼや、畑とかで、見かけたら

一応、捕らえることが出来れば、捕らえて

そのあとに処罰する、、、ということにはなっていたが、、、しかし、

逃げたり、逆に襲いかかってきたら

殺してしまってもいい、

という暗黙の了解にも、一応は、なっていた・・・

 

 

そういうことを踏まえて、

今回、最初にあげた、とある地域では

法律にちゃんと

「 殺ってしまってもいいよ、そういう場合は! 」

と、きちんと定めて、今までの暗黙の了解を

しっかり明文化して、認めてあげた、ということ。

これなら、いざという時、迷わないでしょう。

 

 

夜に、ちょっと自分の田んぼや、畑の様子を見に行ったら

その中で暗闇に紛れて

なんかゴソゴソしているヤツがいたら

絶対なんかやっている、としか考えられないが

実際に、その場に遭遇(ソウグウ)したら

どうしていいのか分からないでしょう、、、、

 

 

自分1人で、ソイツに「おいコラ、何している!」とか話しかけたら

相手は悪人でしょうし、刃物かなんかで襲いかかってくるかもしれない。

当時が、当時だし。

それに犯人が1人ではなく、集団ということも、あり得たでしょう。

 

 

なので、一旦、村とかに戻って

家にいる身内とか、近所にいる親戚とかを起こして

何人か呼び集めて、

なんか、みんなで武器かなんかを持ってきて

(クワとかカマとかの農具とかかね?)

その泥棒を逃がさないように、一気に、

みんなでボコボコにするしかないでしょう。

 

 

・・・ちなみに警察に通報すれば?とかワロス。

原則、自分のことは自分でなんとかしろ、っていう時代なので。

 

 

とにかく、捕らえる、とか

そんな生優しい考えで、なんとかできないのでは?

つまり、こっちも殺る気でないと、っていうのが

当時のやり方って感じだったんでしょうね。

泥棒が結果的に死んでしまっても

それは仕方の無いこと、

自分の身は、自分で守らなければいけない時代なので。

 

 

 

 

<自力救済 窃盗 泥棒 作物 稲 戦国時代 畑泥棒 村 田畑 夜間>