おすすめ記事(スクロールできます)



エイズは蚊を仲介して他の人間に移るのか?

かいかい

 

 

結構世の中には、なにかしらの病気なりを持っている人を

蚊がチュッーと刺して、そいつの血を吸って

そのまま他の人のところに、その蚊が吸いに行くことによって

病気がうつるってコトは、よくあることらしい。

 

 

昔も今も、それで病気が流行して

人が死んだりもした。

 

 

じゃあ不治の病みたいな感じになっているエイズも

そんな感じで蚊を介して、他の人に移るのか?というと・・・

・・・・・・どうやら、移らないみたいですねぇ、ホッ。

 

 

 

それは、どうしてかというと、まず

人の血の中にあるエイズウイルスの濃度が低いから?とか、みたいですね。

なので、蚊がエイズにかかっている人の血をチュッーと吸っても

その蚊にエイズウイルスが移ること自体が、ほとんどないんだとか。

ふ~ん。

 

 

それにどうやら、他の病気のウイルスとかは

血を吸った蚊の中で、増殖して増えたりするらしいが

エイズウイルスは、それらとは違い増えたりはしないんだとさ。

 

 

なので、蚊がエイズの人の血を吸って

もしも、その蚊にもエイズウイルスが入ったとしても

極々、少量のウイルス量となる。

 

 

で、その状態で、その蚊が他の人を刺したとしても

そんな薄いウイルスが体の中に入ってきても

すぐに体内でウイルスが死んでしまう、、、とかなんとか聞いた。

 

 

なんども、何度も、エイズの移った蚊に刺されでもしない限り

まず移ることはないんだとか・・・

 

 

とにかく、そういう感じ。

 

 

もし蚊によって、簡単にエイズを他人に移すことができるのであれば

なにかしらの生物兵器として

すでに誰かに用いられているかもですからねぇ。

 

 

ちなみにエイズの移った蚊に最低でも 数千回 

刺されない限り、

蚊によってエイズの移る可能性は無いんだってさ。

 

 

そんなにエイズの移った蚊に刺されてたまるか!

 

 

 

<関連する記事>

 

バケツに水を入れ放置したらダメな法律の話

 

プログラムとかの「バグ」の意味とは?

 

 

 

 

<蚊 感染 エイズ HIV 血液 病気 病原体>