おすすめ記事



突然、夜勤がバックレたら、どうなる?②

 

 

前回のあらすじ

 

 

とある食料品販売店で

週5で入っている夜勤がこなくなって、

その分、店の店長が眠気をこらして

夜勤しなくちゃいけなくなった。

 

 

 

 

・・・結局、その夜も夜勤は待てどもこずに

電話してもでずに、寝ずに仕事しなくてはいけなくなった。

 

 

そして店長の心の中には、すでに黒い負の感情があった。

 

 

 

その後、1週間ほどたってから、何食わぬ顔して

バックレたと思われた夜勤は出勤してきた。

 

 

どうやらずっと今まで夜勤入っていたのであるが、

そのせいで体調崩して寝込んでいた、とかいうことであった。

 

 

嘘かほんとか、分からぬが、店長は、

今まであなた一人に夜勤押しつけてもうしわけなかったね、

これからは、ちゃんと休むときには無断欠勤せずに

事前に伝えなさい、と優しく諭した。

 

 

それだけで彼のおこないを特に咎めず、叱らなかったのであった。

 

 

「自分を苦しめる嫌なこと」から、うまく逃げる方法

 

 

けれども店長の心中はすでに決まっていた、

すぐに人数足りないからね~ということで、

控えの夜勤を面接して雇ったのであった。

 

 

そして、しばらくの間、その新しく入った夜勤に

店長は仕事を教えながら、

元いた20代の一旦バックレた夜勤にも、

二人で一緒にこれからがんばってもらわなければならないので

新しく入った夜勤にも仕事丁寧に教えてあげてね?

 

 

君は先輩になるんだぞ!と、言ってあげたりもした。

 

 

 

その1ヶ月くらいが過ぎて、新しく入った夜勤が

大体仕事を覚えて、使い物になってきてから、

その新しい夜勤にもっとシフト入れる?と店長が

もちかけてきて、ハイお願いします!と言ってからすぐに

店長は次の週のシフト作成に取り組んだ。

 

 

で、結果は、新しく入った夜勤バイトは、

週4日シフトにこれから入ることになって、

以前バックレて、また戻ってきた夜勤バイトは

週1日にされてしまった。

 

 

それで出勤してきて、その来週のシフトを見た、

バックレ夜勤の絶望した表情を見て、そして

居させてくださいよ~と乞う声を聞いて、

少しだけスッキリした気持ちになりましたとさ。

 

 

 

しかし、休みたいときに自由に休めない夜勤もそうですが、

一度バックレてしかも数日経っているのに

なにくわぬ顔で戻ってくるヤツもどうかしていますが、、、、

 

 

受け入れてくれるわけねぇだろ、今更。

自身の親でもなければ、そんなに優しくはないだろ。

赤の他人だぞ、職場の店長は。

 

 

SH


働かない―「怠けもの」と呼ばれた人たち

 

 

 

<関連する記事>

 

店長が夜勤以外あまり男性を採用したくない理由

 

在庫ロスを内引きしたと認めても撤回できる?

 

 

 

 



 

<夜勤 バックレ 交代 勤務>