おすすめ記事



<江戸>地味な家にリフォームしろ法律の話、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①一般庶民は身分相応の家に大人しく住んでいろ!

②欲しい物はくれずに、いつも要らない物ばかりくれる人の心理

 

 

 

①一般庶民は身分相応の家に大人しく住んでいろ!

 

 

なんか江戸時代に出された法律で、

家を持っている人で、一見その家の外観からは分かりにくいが、

中に入ってみると、結構良い家というか、

なかなかに作り込んでいて、金かけていそうな家がありますが、

気持ちが浮ついていやしないか?

 

 

すぐにリフォームして地味な家というか、内装に作り替えなさい、、、

という感じの法律があった。

 

 

・・・まぁあくまで家持っている、つまり

それなりに金のある人へ向けた法律ですが、

当時、この法律を出したヤツラの家は対象になったのかは知りません。

 

 

それでリフォーム期限とかまで定めて、その時になったら、

ちゃんと造りかえたか見に来るから、、、ということであった。

 

 

・・・家の改装費用とかは出してくれるわけないですよね~。

 

 

まぁそれほど良い家に住んでいるのなら、

自分の懐から、すぐにでも、

家を直す費用くらい出せるのかもしれませんがね。

 

 

 

しかし、一般人は質素倹約していなさい的な法律が、この頃、

良く出されていましたが、ここまで規制する類いの法律は、

なかなかないですよね。

 

 

 

②欲しい物はくれずに、いつも要らない物ばかりくれる人の心理

 

 

例えば、

知り合いに子供が産まれたとか聞けば、

その子供が着れるような服を、出産祝いとして、

見繕って持って行ってあげるのであるが、

あくまで、“今”着れる服をプレゼントするのである。

 

 

で、持っていったら、こんな服小さすぎるわよ~、

すぐに子供なんて大きくなるんだから~、とか言われたら、

アラ、今着るのにはちょうどいいでしょ?、、、ってな感じである。

 

 

そして、また、どこか海外旅行にでも行った際に、

職場の男性のために、酒を買ってきてあげるのである。

 

 

それで、帰国した際にプレゼントしたら、

こんなアルコール度数高い酒なんて飲めないよ~、とか言われたら、

アラ、一番高いお酒買ってきてあげたのよ?、、、とか言うのである。

 

 

 

なんで、こういう要らない物をくれるのかというと、

これはただの嫌がらせである。

 

 

つまるところ、そいつのことが嫌いだから、わざと、

外れた物を買ってきてあげるのである。

 

 

 

 

<歴史 江戸時代 法律 心理 改装 改築 改修>