ブログ書くのに飽きたなら、会社員時代を思い出せ!

 

 

ブログ書くのに飽きたのなら一旦離れてリフレッシュするなり、

記事のネタ探すなり、自分の好きなコトしたら?

、、、とかいう甘やかすようなことを言うつもりは無い。

 

 

会社員時代に戻りたいのか?と問いたいだけ。

 

 

好きな時に起きて好きな内容の記事書いて

他人と共同して仕事することもない、今自体も、

辛いと思ってしまうのであれば、、、どうするってんだ?

 

 

ブログくらい日々更新しろや。

会社行って上司やら同僚やらの顔色うかがうのに比べりゃ

どんだけ気楽なんだって話だよ。

 

 

・・・またあの頃の憂鬱な悩みだらけの日々に戻りたいのか?

 

 

 

まぁ甘いこと言うのであれば、まぁ数日くらいはブログから離れて

いろいろ考えてみるのもありですよ、

なんか今のブログでの書き方だか間違っているのかと、

見直すことも、たまには必要、、、だが。

 

 

 

しかし、いつまでも自分探しなんかせずに、

とりあえずなんでもいいからブログ記事書け、、、とか思います。

 

 

あれこれ考える前に、とにかく文字書き起こせや。

 

 

 

え?ネタ切れじゃない?

単にブログ書きたくなくなった?

その気持ちは分かるが、ブログ辞めたら、一体なにが残るっていうんだ?

 

 

また、社会に出て働いて稼ぐって言うのか?

それならそれで良い、ブログで稼ごうとする

ライバルが減るだけですから、喜ばしい。

 

 

 

・・・もしブログに飽きるなり、嫌気がさすなりして、

更新するのが嫌になったのであれば、ネタとか考えずに、または探したりせずに

自分の身近なことで思ったこととか、今抱いている思いを

好きに短文でも良いので書きだしていけば良いと思う。

 

 

まずはなんでもいいから書くことだ、

適当な短文記事書いたって

検索順位が、サイトの評価が、とか考える前に

ブログの更新辞めたら、そこで終了なんだよ、

意欲がとぎれぬように、牙を研ぎ続けろ。

 

 

(まぁ短い記事なんて、、、、とか思うかも知れないが、

500字さえ超えていれば、それでいい。)

 

 

 

結局ねぇ、、、働きに出たくないのであれば

または働きに出るのもう嫌なのであれば、仕方なくも書くしか無いんだよ、

更新ペースが落ちようとも。

 

 

どんな記事であれ増えれば増えただけ、

なんか積もり積もったなにかが発生しますので、

結局は継続、、、、そう継続。

 

 

 

ただ見返りは求めずに継続するというのが、

一番のブログ書いているヤツの心が折れてしまう原因なのですが。

なぜなら見返りをもちろん心の中で求めているからなんですが、

そういうのを記事にかもし出してしまうと

人がよってこないので、記事書いているときはそういうのを

一旦忘れて自由に書かなければならない。

 

 

けれども楽しんで書け、とか言われても、いつも楽しめるわけでもなく、、、、

 

 

なので私からは惰性でもいいから書き続けろ、としか言えないのですが。

 

 

ブログ書くくらいしか、やることがないのであるが、

だれも書いた記事読まなくたって、更新くらいしましょうよ。

 

 

そんくらいの投げやりな気持ちでおこなっていいのが、

ブログの醍醐味でしょうよ、気合いとかそんなのは

記事作成やら更新に必要ありません。

 

 

 

 

<ブログ 更新 飽きた 飽き 引退 やめる 継続 怠惰>