おすすめ記事



ぐれる、の語源は、大昔の、とある遊び、かららしい、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①ぐれる歴史は、結構、大昔からなのか?

②服は上に羽織る物と、下に身につける物で数え方が違うらしい

③昔の脚立は、ゴミ箱とセットであった

 

 

 

①ぐれる歴史は、結構、大昔からなのか?

 

 

なんか、こう、良くない道へと進んでしまい、

こんなはずではなかったよ、あんな良い息子が、、、ということを、

正しい道から、レールから逸れてしまった、ぐれてしまった、とか言いますが、

この、ぐれる、という言葉はなんなのであろうか。

 

 

まぁそのままの通り、いろいろと今まで通ってきた正しいレール上から、

何かをキッカケに逸れてしまい、

我が道へ行く状態となってしまうことを言うのですが・・・

 

 

この、ぐれる、とは、どうやって生まれた言葉なのか?

 

 

その歴史は大昔へと、さかのぼるらしい。

 

オンラインカジノ「ミスティーノ」 スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 約1000円分の無料登録ボーナスが自動でもらえます。 その分だけ、カジノゲーム(スロットとか)で賭け金として、 お試しでプレイできますので、是非...

 

なんか知らんが、大昔には、とある貝の貝殻を、きちんと両面合うかどうか、

たくさんの貝殻の中から選び出して遊ぶようなものがあったようですね。

 

 

その貝は、同じ貝でないと、きっちりと貝殻が合わないようです。

 

 

で、合えば正しいが、合わなければ、、、グレなんちゃら、とか言ったようでして。

 

 

とにかく、選び出した貝が合わずに、きっちり合わなかったら、言う言葉が、

ぐれる、の語源となっているようでして。

 

 

まぁしかし、人生いろんな道があるわけですので、レールから逸れても、

なんとかなりますよ~。

 

 

つまり正しい道は1つではないのですよ、たくさんある。

 

 


ぐれる!(新潮新書)

 

 

 

②服は上に羽織る物と、下に身につける物で数え方が違うらしい

 

 

同じ服でも、その服の着方により数え方が違っているらしい。

 

 

例をあげると、

体の上から羽織る物は、着で数えて、

その下に着る物は枚で数えるのが、基本らしいですね。

 

 

つまり、まぁ、

上から着る寒さしのぎのコートやらは、何着とかで数を数えて、

下に着るシャツやら下着やらは、枚で数える、とかいう話で。

 

 

まさにコートとかは着る、という感じなんでしょうね。

 

 

着る、という意味は、服とかで体を覆うという意味らしいですし。

 

 

それで、下に身につける服、、、というのは、

普段から身につけるのが通常な衣ですからね。

 

 

何枚も持っているのが常ですからね。

 

 

枚、という言葉自体も、薄い物を示すようですからね。

 

 

コートとかと、混合しないようにするために、

わざわざ着とか枚とかいう言葉を用いて、

分かりやすいようにしているのでしょうか?

 

 

オンラインカジノ「ユースカジノ」 スロット無料体験できます!
下のリンクを経由して、登録していただければ、 無料登録ボーナスとして、 約1000円分のスロットでの賭け金がもらえます。 ( 登録後、サイト内の「プロモーション」のページに行けば、 ...

 

 

③昔の脚立は、ゴミ箱とセットであった

 

 

なんか昔、祖父母の実家にいった時とかに見かけませんでしたか?

 

 

踏み台とか言うらしいですが、なんか下にゴミ入れる穴があいていて、

ゴミ箱にもなるし、

普通に日常的に、高い位置にある物を取る時とかに、

よく使われた脚立にもなる。

 

 

とにかく、とても便利なのであった。

 

 

最初なんで穴空いてんだろ?とか思いましたが、

途中からゴミ入れる穴だと知りました。

 

 

なんでゴミ箱とセットの脚立なのか、今でも分からん。

 

 

 

 

<歴史 数え方 由来 起源 道具 娯楽>