マナティーをスクリューに巻き込み禁止の法律の話

マナさん

 

 

海外の、どこぞやの地域にある法律の話。

うろ覚えなので、あしからず。

 

 

 

海外のとある地域の海や川にはマナティーがいるらしい。

そして海草食べて暮らしているらしい。

 

 

でもマナティーは昨今のいろいろ垂れ流しの水の汚染やら、

食べるためや、なんかいろいろ皮とかを使うための乱獲とかで

数は減っていたらしい。

 

 

でも、それだけが数が減った理由では無く

なんかしらんがマナティーていうのは

あの何考えているのか分からん表情とは裏腹に

好奇心旺盛らしく

船とかが近寄ってきたら、その動いてくるものに対して

興味をしめして、

「おっ、なんか来たぞ~、動いとる」って感じで

自分からも近づいていくらしい。

 

 

警戒せずに、そんなんだからぁ~、、、、

とか思うのは一旦おいておき、

船にはスクリューが付いているので、

船が間近まで迫ってきても、マナティーは動きが鈍いので

そのスクリューの回転に巻き込まれることが多いんだとか。

 

 

「あイタタタ、痛マナティ~!」って感じで

背中とかガリガリこすられて、マナティーの体には

そういったキズが付いていることが多いんだとか。

 

 

まぁむやみにマナティーに近づく船側に

やはり落ち度があると思うんだが。

マナティーの動作が遅れていることくらい知っているでしょうし、

むやみに近づくなと言われているでしょうに。

 

 

で、そういった事故がたくさんあったのか

そういうのもマナティーの数が減った原因になったんだとか。

 

 

それで、法律で、

マナティーにそういったスクリューをはじめ、

キズをつけるような行為に及んだ場合

最高で100万円くらいの罰金とかって定めたらしい。

むやみに船を走らせてマナティーのいる海域とかに近づくな。

 

 

そのカイあったのか、マナティーの数は、少しずつ増えだして

今では絶滅危惧種ではなくなったとか、なんとか。

けっこう数増えたみたいですねぇ。

 

 

 

それにしてもマナティーって妊娠期間、ほぼ丸々1年とか

人間よりちょっと長いのね。

そして1度につき1匹産むのか。

 

 

これはみんなで、かなりがんばって保護し続けたから、

なんとか数が増えたって感じだね。

 

 

あと、ぱっと見、マナティーとジュゴンの

見分けがよく分からなくなる。

 

 

あとマナティーって、なんか猫背だよね。

 

 

 

SH

 

 

 

 

<動物 保護 動物保護 マナティー 法律 傷害 損害 野生 野生動物 船 スクリュー 禁止 規制 マナティ 海外 外国 ボート 接近 怪我 接触>