おすすめ記事(スクロールできます)



土地の所有権で揉めて和解できないと没収された話

仲良く

 

 

今から500年ほど前の法律の話。

 

 

その頃の、とある地域の法律で、、、

 

 

 もし、なにかしら所有者の不明確な土地があり、

どっちが、その土地の所有者か争っているヤツラ(2人)がいたら

どうしても、その2人の当事者の話し合いで

うまく決めれないのであれば

その土地を10、として見れば

その当事者2人、お互いに、その土地を5:5で分けての

所有ということにしてはどうか?、、、

 

 

とにかく、そんな感じで、お互いに和解しろ!

 

 

けれども、、、どうしても、それができない!、、、ということであって、

いつまでも不毛な所有権争いを続けるつもりであれば

その地域の偉い人である、

この法律の制定者である私自身が

その土地を、自分の所有地ということにして

強制的に、丸々取り上げてしまいますよ?いいですね!

 

 

そして、その取り上げた土地は

あなた方とは関係なさそうな、誰か他の人に

私が決めてあげちゃいますよ?

フフフフ。

 

 

・・・それが嫌なのであれば、サッサと

お互いに争いをやめて、妥協して、

やはり5:5になるような感じで分け合うように努力しろ! 」

 

 

、、、、といった感じの法律があった。

 

 

つまり土地の所有権争いの揉め事があった時の

紛争解決方法を、あらかじめ、こうするように、と

提示してあるワケですね。

 

 

それで、いつまでも、その土地の所有者が、、、

争っている人同士で、ダラダラと紛争し続けて

決まらなかったら、

その地域一帯を管理している偉い人自身が

その土地を預かることとして

揉めている人達とは、別に

その土地の所有者を探してきて決めてしまいますよ~、ってこと。

 

 

とっとと誰が所有者か決めろ、ってこと。

 

 

なぜなら、いつまでも、土地の所有者が不明確であったら

その土地が田畑であれば

上の方としても

年貢(土地の税金)の徴収面とかで

不都合がありますからね。

 

 

その土地の税金分は、誰を所有者として

請求して徴収すればいいんだ?

分からない。

 

 

 

争っている土地は、10あれば、大体5:5で分けて

所有することを話し合って決めて、とっとと争いをやめなさい!

というのは、、、なんというか回りくどいかも?

と思う人もいるのでは・・・

 

 

揉めている人同士がいれば

「 ここは、とりあえず、こいつの土地!

ここは、お前の土地!ハイ解決ね、これで 」

、、、といった感じで、

上が、ちゃちゃっと権力振りかざして

断定的に決めちゃえば

もっと簡単に解決できるんじゃね?

と思うかもしれないが、、、

 

 

あまり、その地域一帯を管理している人は

そうしたがらなかった。

 

 

なんていうか、揉めている人同士の

自主的な話し合いによる解決を、

できるかぎり重んじたかった、、、らしい。

 

 

上が白黒つけても、お互いに

揉めた相手に対する不満は残りますからね。

 

 

そういうところは、今現代の民事訴訟の裁判の流れに似ているかもね。

 

 

すぐに裁判官が、裁判の当事者2人に

「こんな感じで和解したらどう?」

みたいな感じで、サッパリと判決を出さずに

まずは妥協案を、それとなく提示して、お互いの反応を見たりするところが。

 

 

 

まぁ、しかし、つまり

揉めている理由が

どんな理由であれ大体5:5にして分けるようにしろ、

それができなければ取り上げるっていうのは、

ちょっと横暴かもしれませんがね。

 

 

もしかしたら本来、その土地の10割が

揉めている当事者のうちの1人の物かもしれないのに、、、、

 

 

まぁ、そこらへんは500年前の紛争解決の

法律ってことでして・・・

 

 

 

<没収 戦国時代 白黒 半分 折半 所有権 民事訴訟 和解 解決 土地 法律 歴史>