おすすめ記事(スクロールできます)



大昔、幼虫が美容に効くとして食べられていた話、他

 

 

うろ覚えで書く。

2記事分書く。

 

 

目次

 

幼虫の若さを食べることによって摂取できる?

なぜ小鳥遊(たかなし)と読むのか?

 

 

 

①幼虫の若さを食べることによって摂取できる?

 

 

なんかどこかの海外の地域では

オヤツとして、なんか細長い虫をカリッとあげて

なんか芋を細く切ってあげたようなヤツに

塩振りかけるような感じで、パリポリ食べられているんだとか。

 

 

皿に大量にその虫が載っかっているのを

無造作に手で掴んで、口に入れるんだとか・・・

 

 

まぁしかし幼少期から、普段食べていれば、

これは食べ物だ、ということで

すでに脳にすり込まれて認識しているので

違和感ないのかもね。

 

 

 

なんかこの前、エビやら小さなカニやらが漁港でいっぱい採れたとかで

海の幸満載!おいしいですよぉ~とかレポーターが言いながら

放送されていたが、

このエビやらカニやらが、大量に積み重なって

元気よくワキワキ、モソモソしている様子を画面越しに見ていて、

あぁ、こういう生き物を子供の小さい時から

大人とかから食べさせられて、ちゃんと食べ物だと認識させられていないと、

絶対無理だなぁ~、とか思った。

 

 

とてもじゃないが食えないだろ、

大きくなってからおいしいですよぉ~とか言われても口にできないわ。

今でさえも、ちょっとアレだわ。

 

 

 

あと大昔、海外の、今の西洋のどこぞの地域では、

金持ちのご婦人達は競って、

なんか蛾だかなんだかの幼虫をパクパク食べまくっていたらしい。

 

 

なんか食べると若さを保てるだとか、取り戻せるだとか、

とにかく美容に良いとか言われていたものらしい。

 

 

 

余談だが、たしか、うろ覚えであるが、

この金持ちのご婦人達、聞いた話では、

家で雇っておいている美容師の従業員だか奴隷だかの

吐くヨダレとかを混ぜて美容液だかなにかを作って

肌に塗っていたとか聞いたんですが。

 

 

それで、その美容師とかは

だから普段から口の中を綺麗にたもっていたとか、

いわれているんだとか、ふ~ん。

 

 

 

話は戻る。

 

 

で、なんか、モゾモゾと動く毛虫かなんかに

似たものを美容のために食べていて、その毛虫の名前が

なんか語源となった美しさだか、欲だとかを表す言葉があるんだとか。

 

 

 

・・・まぁ幼虫でも、普通の小さな虫でもなんでも、

よくわからない虫とかでも、適当に油であげて

(下ごしらえした方がいいのかは知らんが)

なんか砂糖でも塩でも、なんでも調味料でも振ってかけて

味付けしておけば、意外となんでも食べられるもんなのかもね。

 

 

②なぜ小鳥遊(たかなし)と読むのか?

 

 

なんか最近はじめて聞いたのであるが、

小鳥遊と書いて“たかなし”と読むのだけれども、なんか独特だなぁ、

どういうところから来ているんだろ?どうしてそう読むんだ、と思ったが、

納得がいった。

 

 

そのままの読み通りである。

 

 

小鳥が見かけると「ウッ」となる鷹(タカ)がおらねば、

小鳥達がピーチクパーチクと集まって遊べるから、

小鳥遊(たかなし)って呼ばれているんですね、へぇ~。

 

 

でも、結局どういう方達が、昔そんな名字になったんでしょうかね。

 

 

たしか、、、というか、たぶん小鳥達(スズメとかか?)がたくさんおり

鷹とかがおらぬ(見かけない)場所というか地域に住んでいた方とかが

そういう名字になったんでしょうかね?

 

 

つまり小鳥の天国な場所?きゃっきゃっ、ウフフ。

 

 

分かったか(鷹)?

 

 

 

ちなみに鳥楽や鳥遊という名字も同じくタカナシと読むらしい。

 

 

なんで、そんなに鷹にこだわるのか?

 

 

鷹以外でもカラスとか、トンビとかがおるだろ。

 

 

タカなんて山にしかおらぬし、カラス・トンビの方が

小鳥達に「よぉ、何してんの?」とか

よく声かけているだろ?普段。

 

 

 

<歴史 昆虫食 若さ 追求 探求 流行 漢字 語源 由来>