おすすめ記事



最初に1メートルの長さは、どうやって決めたのか?、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

①1メートルって、何の長さが最初は元になったのか?

②青二才の、二才とは何のことなのか?誰が2才なのか

 

 

 

①1メートルって、何の長さが最初は元になったのか?

 

 

1メートルという長さは、どうやって生み出されたのか?、

何の長さが基準となっているのか、

について軽く話していきます。

 

 

なんか時代で言えば、江戸時代後期あたりに、

海外で、なんか物の長さを測る単位を、共通の物にしようではないか、

とかいう話が出て、メートルが決まるのであるが。

 

 

なんか世界共通の単位にするつもりだし、

なんの長さにしようか?、、、という感じで話あったのか。

 

 

なんか、とりあえず北極から、

地球の真ん中の線である、赤道までの距離に基づきましょう。

 

 

その1000万分の1の長さを1メートルにするとか、なんとか、

ということにしたのだ。

 

 

一体どういう話の流れでそうなったのかまでは知りません、

調べれば分かるかもだが。

 

 

 

話がまとまったのは良いが、しかし、

肝心の北極から赤道までの距離が分からなかった。

 

 

まぁ実際に歩いてみて測るとかはできませんでしたからね。

 

 

 

じゃあどうしたのかというと、なんか実際に長さを歩いて測らなくても、

大体の正確な長さを測る方法があるらしくて、

それで測ることに。

 

 

で、なんとか測ることはできたらしいが、

まぁそれでも、測り終えるまでに数年かかってしまったらしい。

 

 

そこまでして、北極と赤道との間の距離を基準に、

1メートルを決めたかったのか。

 

 

 

・・・まぁしかし、そのあと、いろいろあったらしく、

今現代では、大人の都合かなんかで、

光の速さだか距離を基準に、新しく1メートルが決められたらしいですが。

 

 

 

・・・っていうか、もしかして物の長さって、

まずは1メートルから出来て生まれて、

その後、その1メートルを基準に、

1キロとか1センチとかの長さも生まれたんですかねぇ?

 

 

②青二才の、二才とは何のことなのか?誰が2才なのか

 

 

若くて未熟人を、年寄りがあーだこーだ言う時に、

青二才という言葉が出てくるが、、、

 

 

まぁ青いとい言葉は、昔々から使われているらしく、

知っている限りでは、鎌倉時代から、

未熟な人を言う時に、青なんちゃらとか言ったりしていた。

 

 

 

青は分かりましたが、じゃあ二才とは何なのか?、、、と言いますと、

とある魚が、まだ二歳の頃は、まだ成長過程であるとか言われていまして、

それでなんか二才=まだ若い、というイメージがあるらしく、

それで青という言葉と、二才という言葉を組み合わせて、

青二才という言葉ができあがり、

若くて未熟な人を言うようになったらしいが。

 

 

 

他にも二才、、、つまり「にさい」という発音が、

どこぞの海外の地域で使われている、

子供という意味を示す言葉の発音と似ている、ということで・・・

 

 

つまり昔の国内の人が、

その子供という意味の「ニサイ」という言葉の発音を聞いて、

二才?、、、という漢字で当てた、とかなんとかいうことも言われてますが。

 

 

 

 

<歴史 長さ 単位 語源 由来 起源>