おすすめ記事(スクロールできます)



よくある話でも、作者の味付け次第で面白くなる、他

 

 

うろ覚えで、2記事分、書きます。

 

 

目次

 

漫画は、ちょっとした味付けの差で、格段に面白くなる?

師走に今年のカレンダーをもらった話

 

 

 

①漫画は、ちょっとした味付けの差で、格段に面白くなる?

 

 

最近の漫画を読んでいると、ストーリーも、設定もなんか

今までなかったような奇をてらったようなのを

描こうとしている傾向があるが・・・

 

 

まぁ漫画の読者層が低年齢の新規読者ではなく、

昔からいろんな漫画読んでいる人ばかりになってしまったので、

そういう戦略をたてざるえないのかもしれませんが。

 

 

やっぱりその考えは違っているのではないか?と思います、

最近は。

 

 

 

やはり、ストーリーは王道で、設定もありきたりで、十分だと思うのですよ。

 

 

それはいつの時代も変わりない物で良いと思います、

人が求めている物って時代が経過してもそんなに変わりませんし。

 

 

そこから外れてしまうと、漫画として面白くなくなるのですよ。

 

 

 

じゃあ何が重要なのか?どうしたら、そういったところ変えぬまま、

面白い漫画が描けるのか、というと。

 

 

やはり、そこは微妙な「味付け」の仕方の違いだと思いますね。

 

 

料理と同じですよ、同じ素材を使って、同じ調理方法でも、

微妙に味付けを変えるだけで、

まったく違う料理になってしまうんですから。

 

 

 

話の展開の仕方とかも変わらぬままでいいのですが、

ところどころ話を描く細かな描写、

キャラのセリフの一言一言に、

(言動の一挙手一投足に)

そういったところで、いかにして、

すごく強烈な作者の個性を表せるか、どうかってところでしょう。

 

 

(現代人から見て、

一見普通に見えても、なんか違和感があって、

よく考えてみると頭どうかしてるんじゃないかと思えるほどの、、、)

 

 

 

そこらへんだけ変えるだけでも、

今までの王道なストーリー、ありきたりな設定でも、

いままでの作品とは格段に差をつけることができるんだなぁ~、とか思いました。

 

 

 

②師走に今年のカレンダーをもらった話

 

 

なんていうか、どうでもいい話であるが、

これこそ本当にいらない物だと思う。

 

 

家に余っているからといって、来年ではなく、今年のカレンダーを

12月も末になってからもらうことである。

 

 

たぶん年末に家の掃除していたら、押し入れから出てきたな。

 

 

こんな、いつでも簡単に今日の日付やら、

今日なんの日だか調べられる時代にどうしろっていうんだ。

 

 

 

まぁしかし、まったくいらないから、、、というと、

まぁそうでもないかもな。

 

 

一応、見たこともないカレンダーであれば、

カレンダーの毎月の日付の上に掲載されている絵とか写真がどんなものか

気になりますからねぇ。

 

 

もらってすぐ捨てるにしても、

一度目をとおしておくだけの価値はあるかも知れませんが、、、、

 

 

、、、、でも、やっぱりいりませんわ(笑)

 

 

 

 

<漫画 コツ ストーリー 展開 年末>