キャンディー咥えながら運転して事故ったら・・・

 

 

海外での話。

うろ覚えで書くわ。

 

 

 

とある男性が、なにかしらの友人達との?(おそらく)

地元のパーティーに参加した帰りに

事故を起こしたのであった。

 

 

車を運転中、楽しいパーティーの帰り道だからと

車の速度をあげていたのか、

タイヤがスリップして、車道からキキキとそれて外れて

側にあった壁にぶつかってしまったらしい。

 

 

 

で、どんな事故当時、どんな状況だったのかというと

警察官が事故があったらしいと現場にかけつけてみると

車は意外と外傷はなさそうで、原型を保っていたとか。

 

 

それで中を確認してみると

運転席側のエアバッグもしっかり発動していた。

 

 

・・・だが、それなのに運転していた男性は

すでに意識はなかった。

 

 

 

で、警察はおかしいな~、もしかしたらなんか持病持ちで

ショックに弱かったのか、はたまたなんか薬でも使っていて

その影響なのかも、、、とか思ったらしい。

よくあることなんでしょうかね?

 

 

で、専門家に遺体を調べてもらったところ、

どうやら男性は

パーティーでもらった棒付きのキャンディーを咥えて

(あのペロペロしている、あれか)

なめながら車を運転していた模様であり、

壁に衝突して、エアバッグ作動時に

顔に突如衝撃を受けて、そのまま咥えていたキャンディーを

丸飲みしてしまうような感じになって、のど奥にひっかかって

呼吸できないような感じになっていたらしい。

 

 

 

で、その事故以来、なんかそこらへんで

販売されている棒付きキャンディーとかには

運転中に咥えてなめないでください、

とかの注意書きがされるようになったらしいんだとか・・・

 

 

まぁ訴訟社会ですから、それが原因で

キャンディーメーカーが訴えられたりしたら

たまったもんじゃないですから、

(事故った、自分の責任は棚に上げて)

責任回避のために、事前にそういうの商品に明記しておいた方が

安全かもしれませんからね。

 

 

よくそういうのも読んでくださいという、

メーカー側から、購入者への些細な配慮といったところでしょう。

 

 

<関連する記事>

 

獲物を仕留めきれなかったので弾丸メーカーを訴えた話

 

盗まれた銃で撃たれたので製造元を訴えた話

 

脚立から落ちてケガしたので訴えた話

 

 

 

<お菓子 歴史 運転 外国 キャンディ 製造>