おすすめ記事(スクロールできます)



残したサラダを車から捨てたら罰金刑の話

ヤサイ

 

 

海外の話。

 

どこぞやのスーパーで、サラダを買ってきた人がいた。

それで、そのスーパーの駐車場に車をとめて

車の中でムシャムシャ、そのサラダを食べていたのであるが

そのサラダの食い切れなかった部分を

(おそらく、、、嫌いな野菜の部分を)

帰り際に車の窓から外へ「ペイッ」と投げ捨てた。

 

そして、その瞬間を通行人にたまたま目撃されて

警察に通報されてしまったらしい。

路上へのゴミのポイ捨ては違法なんだぞ!、、、ということらしい。

 

 

で、なんか知らんが、後日、裁判にかけるから~、ということで

裁判所への出頭命令が自宅まで届けられたらしいのだが

(ナンバーで特定されたのか)

 

「 なんでこんな、たいしたこともない、くだらないことで

わざわざ裁判所に呼び出しをくらわなければならないのか?・・・ハンッ! 」

 

、、、って感じで、何度呼び出しが来ても

ガン無視していたそうで。

 

そしたら、裁判官の不興をかってしまい

出頭命令に応じないので、

本人欠席のまま、裁判で有罪とされてしまい

罰金2万円を言い渡されてしまった、らしい。

 

 

そして、その判決が出た後に、本人がやむなくコメントするところによると

 

「 サラダを捨てたんじゃなくて、ただ地球へと返しただけだ。

すぐに土に返ると思っていた。

なぜなら野菜は地球上の地面から育って出てきたモノだから~ 」

 

、、、ということなので、自分の行動自体は正しかった、と思っている

とか述べていた。

 

 

その主張を法廷に出てきて、述べれば良かったのに。

まさか、あっさりと有罪にされるとは思っていなかったのか。

それか有罪にされても、たいしたことない、と思っていたのか。

とりあえず、なにかしらタカをくくっていたのか。

 

その後、その人は、その罰金判決を、そのまま受け入れずに

もう一度、車の窓から路上へと捨てたサラダと同じサラダを

スーパーから購入してきて

それを裁判所に提出しに行ったとかなんとか。

 

いわく、そのサラダが、どれだけ土化しやすくて

地球ないし地面にすぐに返りやすいのか

裁判官に証明するためだとか、なんとか。

 

 

 

SH

 

 

 

 

 

<野菜 不法投棄 サラダ 環境 有罪 犯罪 軽犯罪法 罰金 裁判 訴訟>