おすすめ記事(スクロールできます)



人の記憶は最初曖昧だが、他者に誘導されて確実になる

 

 

なんというか人の記憶って言うのは、最初は曖昧なのであるが、

他の人に当時ああだった?こうだったの?とか言われて、

たぶんこうだったんじゃないの?とか言われたら、

たしかにそうだったかも、、、とか思ってしまうものらしい。

 

 

 

たとえば、昨日、取引先のなんとかいう人と初めて会ったのであるが、

その時に名前をたしかに聞いたのであるが、本人が名乗っていたので、

でも、どうしても顔も名前も、よく思い出せない。

 

 

(顔はよく見ていなかった、そして名刺はもらわなかった)

 

 

 

それで同僚にそのことを話したら、たぶん応対に出るのは

いつもなんとかいう人だから、こいつじゃないかと、

なんか顔やら髪型の特徴や服装や、

また名前をあげられたら、たぶん同僚がそう言っているんだから

そいつで間違いないだろ、とか、違っていても

そう思ってしまうのである。

 

 

思い込んでしまうのである。

 


 

 

自身がうろ覚えな時に、他者から「こうだっただろ~?」とか

示されて提示されたら、たぶんそうだろうから、、、だんだん

そうに違いない、とか思ってしまう物である。

 

 

 

また性格に関してもそうである。

 

 

その取引先の人とちょっとしゃべった時には、

特に普通の人というイメージがあるが、

同僚から、あいつこんな性格で癖があっただろう?とか言われたら、

たしかに会話した時に、ちょっとあんなこと言ってたし、

そうなのかもしれない、と同僚から言われたことキッカケにして、

おそらく同僚がそういうのだし、、、それに同僚が言っていたことと

同じような醸し出す発言が一言あったし、そういう人に違いない、

とか思ってしまうものである。

 

 

特に自身の記憶や、または会った人の印象を掴みきれていない時には

同僚とかの、ちょっとだけ信用できる人の意見を受け入れてしまいがちである。

 

 

つまり、自身のうろ覚えの記憶より、ああだろ~?とか

ちょっと自信ありげで経験ありそうなヤツの言うことに

依存してしまいガチなのである。

 

 

 

・・・あとちなみに先の話で言えば、

同僚が取引先の人のことを

癖のある人というと、

やっぱ変わった人なんだな、と

そういう性格なんだと思うくらいであるが、、、

 

 

もしも、嫌みったらしい人だったよね?とか言っていたら

変わった人だと思ったけれども、やはり性格に難があるんだな、、、と、

あんまり関わらないようにしようとか思ってしまう。。。

 

 

つまり、言葉1つで受ける印象が全然違ってくる、ということだ。

 

 

あんな人だったよね?と、人の印象を誘導する言葉ひとつで、

うろ覚えだった記憶が、左右されて決定づけられてしまうのである。

 

 

 

<関連する記事>

 

忘れたことを、もう一度すぐに思い出す方法とは?

(記事の中頃に書いてある)

 

文章を記憶するには、たくさん感覚を刺激するのが良い

 

 

 

 

<記憶>