おすすめ記事



<残念>無職期間が長いことは、言葉遣いで、すぐにバレる!

 

 

残念ですが、無職だということは(または無職期間が長いことは)、

言葉遣いですぐに分かってしまいますね

 

 

会話した瞬間に、すぐにバレてしまいますね、勤め人でないことは。

 

 

 

なぜならば、無職で、しかもその期間が長いと、

なんか人に対する言葉遣いという物が、

身内に対して話す感じで、妙に馴れ馴れしいと言いますか、

話していると俺はお前の家族か?とか思う感じで、

なんか余計なこととかまで、気遣いなしに聞いてきたりするのである。

 

 

会社勤めとかバイトとか長くしていると、余計なこというと、

職場での評価が下がって、長く居られなくなる、人間関係で揉めるということは

十分に分かっているので、まず、そんなにいろいろ他人に話しかけたりせずに、

仕方なく話すときは、最低限必要なことしか会話しないし、

言葉も話す内容もそれなりに選ぶし、

まず出来るだけ、何も余計なことを話さないように努めるのである。

 

 

思いつき無職生活 職なしガールの残念だけど悪くない日々 (コミックエッセイ)

 

 

そういう感じで職場に長い間勤めていると、

他人と話すときも、あたりさわりがなく、それでいて無駄のない会話が

自然にできるようになってくる。

 

 

しかし無職の場合は、家に引きこもって、身内家族としか会話しないか、

ネットで好き放題書き込んでいるか、

または客として、店へ行って客らしく振る舞っているからか、

まず他人と話すときも、上から目線でどことなく偉そうであるし、

思ったことをそのまま相手に、何も考えずに自然に伝えてしまうことも多いですので、

あまり印象はよくないですね。

 

 

(まず言葉使いが緩いので、コイツ働いてないな?というのは、

なんとなく分かる、、、

見かけ、若い髪染めたヤンキーの兄ちゃんでさえ働いていれば、

言葉使いは、それなりに礼儀正しいのにねぇ)

 

 

ひきこもりやニートでも稼げる18の方法: ひきこもりやニートに稼ぐ方法を伝授。就職できなかったら自分で稼げばいいのです。

 

 

家から一歩出たら、まわりにいるのは、ほぼすべて赤の他人であり、

他人と日々、あたりさわりなく過ごして、揉めないためにも、

言葉使いって言うのは、すごく大事なのである。

 

 

なにも考えずに、生意気な言葉使いで、素直に思ったことポンポンポンと

相手の立場や苦労を何も考えずに、へらへらと伝えていたら、

なんだコイツは?とか思われてしまっても当たり前である。

 

 

他人は身内と違い、自身のことをよく知らない人達なのだから、

そんな人と会話するにしても、気を遣わずに話していたら、

むこうもそれ相応の態度で応対してやろう、とか思うはずですよ。

 

 

kindle出版の超入門書: 人生のどん底(うつ・無職)から這い上がった方法

 

 

冷たくされずに(無視とかされずに)、

和やかに暮らしたいのであれば、まず無職は

言葉使いはともかく、まずは他人と会話する時には、

余計なことは一切言わないことですね。

 

 

家から久しぶりに出て、他人との久しぶりの会話する機会があっても、

はしゃいで喜んで、やたら話しかけたりせずに、

必要最低限の会話に留めるにしましょう。

 

 

事務的でいいんですよ、事務的で。

それが一番、人に気を遣った会話でしょうよ。

 

 

 

・・・で、無職期間が長い人が、再度、バイトするなりして働こうとする時には、

やはり面接を受けなければいけないワケですが、

その時に、最も気をつけるところは、やはり言葉遣い、と最低限の敬語、

そして空気の読める話題選びである。

 

 

面接する側も、いろいろ聞いてくるので、余計な変わったことは何も言わずに

(変に自己主張せずに)

あたりさわりがなく、そつのない会話内容で、普通に会話できるように、

努めることだ。

 

 

なぜならば雇う側は、働く意思がほどほどにあって、

余計なことは何も言わない(雇った後も職場の和を見出す可能性が少ない)

自身の指示を逆らわずに、しっかり聞いてくれる

(人の話をちゃんと聞くことのできる)

“普通”の人が欲しいからである・・・

 

 

 

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 

 

 

<無職 会話 ブランク 言葉遣い 言葉使い 就職 労働 再就職 就活>