盗んだ財布の持ち主が妻の浮気相手だった話

 

 

海外の話。

 

 

今日も今日とて、働かずに、いい歳して

町の中をいいスリのカモがいないか、

探し回っている、とあるスリがいた。

 

 

まともな仕事につかず、人の懐やら

カバンとかに入っている財布ばかり狙っているのである。

 

 

 

それで、いいカモがいたぜ~、と

人混みの中から、とある男性から財布を盗むことに

成功した。

 

 

で、しめしめ、いくらくらい入っているのかと

戦利品の財布の中身を確認したところ、

なんとその中から、そのスリの、、、

自分の妻の写真が出てきたではないですか!

 

 

そして妻からその男性へあてた愛の手紙まで

入っていたとのこと・・・

 

 

(っていうか、スリなのに結婚して妻がいるのか、

なんで就職せずにスリなんかしているんだ、、、

あと手紙とか、、、今スマホ携帯の時代だから

結構前の話なんでしょうかね、時代を感じる)

 

 

 

で、それを見て、激高したスリは、自分が財布を盗んだ

男性を雑踏をかき分けて、探し始めるのである。

まださっき、スッたばかりで、ここらへん近くにまだいるはずだ、と。

 

 

そしたら、すぐ近くで、道を渡るために横断歩道前で

ちょうど信号待ちしているではないか。

 

 

すぐにスリは駆け寄って、声をかけて

 

「お前、なに人の妻と浮気してんだよ!

いったいどういうつもりなんだ!?」

 

、、、と、詰問しはじめて、

財布を盗まれた男性からすれば、いきなり声をかけてきた

知らない男は誰なんだ?

それになんで俺の財布持っているんだ!?と

いった感じで、人の目がある町中でいきなり

口論しはじめた。

 

 

いったいどういうつもりなんだ?

 

 

 

で、、、まぁ、最終的に警察が通報されてきたのか、

その場にきてしまうのですが、

二人の事情を聞いて、

スリの妻の浮気に関して私人間の揉め事であり

勝手に当事者で解決してくれ、ということであったのだが、

もう片方のスリの方は、立派な窃盗行為であり、

まだまだ他にも、いろんな人から盗んでいそうだし

余罪がありそうだ、ということで、

スリの方は捕まってしまった。

 

 

まぁ、そうなりますよねぇ。

 

 

それにしても感情に任せて、

財布盗んだ妻の浮気相手に声かけてしまうほど

妻のこと好きだったのか。

 

 

しかし浮気も国やら地域によっては

犯罪になるところもありますが、そこでは浮気は犯罪でなかったみたいですし、

もちろん日本も現在では浮気不倫は、犯罪ではありません。

まぁ離婚してくれ、と言われたり、慰謝料払え、とはいわれますが。

 

 

 

で、捕まったスリの男性は、捕まってからも

勝手に浮気するなんてどういうことだ!

妻は何考えているんだ、離婚請求を裁判とおしてしてやる、、、

とか言っていたらしいのですが。。。。

 

 

そんなスリばかりして、まともに働かないから

妻に浮気されるんじゃないか、、、とか思いますし、

妻も、もうそんな夫とはやっていけないとか思って

愛想つかしていたんじゃないでしょうか?

 

 

 

・・・それにしても、

人からコソコソと(金を)盗んでばかりいたら

自分だって誰かから(妻を)盗まれることだってあるでしょうよ。

お互い様さ。

 

 

 

<関連する記事>

 

<明治>浮気した妻が、夫の名前で借金した話

 

実は浮気性だと聞いた彼女と別れるべきか悩む話

 

 

 

 

<離婚 訴訟 裁判 窃盗 スリ 浮気 不倫 証拠>