白い杖を持って町中を歩け、とかいう法律の話

 

 

今から700年前の、どこぞの海外の西洋では

町中を一般人の女性?、、、または、身売り女がパレードかなんかで

歩くときには、なんか縞々模様のフードをかぶって

白い杖を持って、歩きなさいとか、

当時のその地域での条例ないし、法律に書かれてあったらしい。

とにかく、そういうキマリであったとか。

 

 

一体、どういう状況だ?

 

 

で、その町中を歩くパレードは吟遊詩人によって

なんか曲が奏でられて

それは結構、にぎやかであったとか・・・

 

 

なんか金属製の楽器でガンガン他にも叩いて音出したり

なんか品の無い吟遊詩人も雇われて参加したんだとか、へぇ~。

 

 

 

で、先ほど述べた条例?だかが施行されて200年ほど経った後に

その地域で身売り女3人が、有罪判決を受けた。

 

 

なんか知らんが、それらの女性が

ふざけて?男のように髪を切って参加したからだとか・・・

なんか知らんが男性のようなカッコウをすることに

嫌悪感があるからとかいうのが理由か?

 

 

えーと、たしかなんでそんなことしたのかというと

彼女らが男性用の服も着れるようになりたいため?、、、だったか。

 

 

なんかそれには、他に深い理由があるらしいのだが、、、彼女らにとって。

(当時の事情とか知りませんから、それ以上、なんともいえず)

 

 

 

で、なんか彼女らは、以前昔、法律で定められたとおりに

パレード?で白い杖を持って歩きなさい、とか言われたらしい。

 

で、服装やら、頭にかぶったりする物も、昔定められた通りにして

歩けとかなんとか言われたらしい。

 

 

 

 

<歴史 海外 法律 杖 条例 大昔>