おすすめ記事(スクロールできます)



<江戸>鐘の音を聞くと、金を取られた話(カネだけに)

 

 

江戸時代の話。

 

 

 

当時、時計とかが、まだ一般庶民とかに普及していなかったので

庶民が現時刻を知るためには

寺が定期的に鳴らしてくれる鐘の音を聞くしかなかった。

 

 

(あとは日の傾き具合を見て、なんとなく今何時か予測するくらいか)

 

 

 

時刻によって、つつく鐘の回数が変わる、、、カーンカーンカーン、、、

それで、今何時か、みんな知ることができた。

 

 

 

しかし別に、この鐘をつつく行為は、

寺がやってくれるボランティアとかではなかった。

 

 

この鐘を聞ける範囲内にある家は、1ヶ月にいくらか

寺に金銭を納めなければならなかった。

 

 

 

別に聞きたくない、今何時か知りたくない、太陽見ているから、、、

それに寺の鐘が鳴るときには、ちゃんと耳をふさいでいます、

とか言っても、納めなければいけなかったらしい。

 

 

強制徴収ってやつですね。

 

 

 

まぁでも、月に払う額は、今で言う100円くらいでしたから

みんなちゃんと渋らずに払っていたらしい。

しゃーない、寺からシツコクなんか言われるのも面倒くさいし。

 

 

あと、身分関係なく武士でも払わされていたらしい。

 

 

 

つまり、一方的に鐘をつついて、みんなに鐘の音を聞かせて

その分の鐘を集めていた、、、、時は金なりとはこのことである。

 

 

まぁしかしこれが寺を維持するための

貴重な収入源となっていたのでしょうが・・・

なんだかんだで寺は必要ですから、行事やら祭りやらは

寺が関係してきますからね。

 

 

 

で、みんなから毎月しっかり一応金銭を徴収するからには

その分に見合った、時間を教えてくれる鐘を鳴らすサービスを

まわりの人にしっかり提供していたのかというと

結構これがいいかげんで、10分~20分くらいの誤差は

普通にあったとか。

 

 

 

たぶん、こんな感じで他にも細々と理由をつけて

毎月ちょっとだけ、という感じで、寺に限らず

いろいろな業者から、金を納めさせられることは

あったのではないだろうか?庶民は。

 

 

だって今現代でさえ、そうですから、昔だってねぇ?

 

 

で、集められた金は、何に使われるのであろうか?

はたして、当時は、寺が集めて集金された金銭は

ちゃんと寺の修繕費やら行事とかのために使われたのか、どうなのか。。。

 

 

坊さんの毎月の酒代(お小遣い)とかになっていたのではないか?

 

 

 

SH

 

 

 

<鐘 時の鐘 徴収 集金 時間 時刻 知らせる 教える 伝える>