おすすめ記事(スクロールできます)



数学の成績が悪かったので数学教師を訴えた話

サンスウ

 

 

外国の話。 (日本の話であってたまるか)

 

高校2年生の息子が、学校の期末テストの数学で

高得点を取ったにもかかわらず

数学の成績がA、B、Cの3段階中

もっとも低い“C”判定の成績になっていた。。。

 

それで親が、学校の数学教師に

「どう考えてもA判定だろ?なぜに?」

と問い合わせたところ、数学教師いわく

数学の成績は、テストの結果だけではなく、それまでの

授業中に出した数学の宿題ないし、課題の

出来具合も含めて、考えられていると、、、

 

そして息子さんの宿題の出来具合は、

お世辞にも、あまりかんばしくないものであり

期末テストの結果を考慮に入れても、C判定にせざるをえなかった、、、

というものであった。

 

まぁ、もっともな話じゃあないですか?

なんか日本の大学の成績のつけ方に似ていますよね。

テストの結果4割、

それまでの宿題などの提出物の出来具合6割、とかで

成績をつけるみたいな・・・

 

 

だが、しかし、それでも親は納得できず

今度は電話越しとかではなく

直接、学校に出向いて、その数学教師と話し合いをしに行った。

以下、その時のやりとり。

 

( 親 )

「期末テストで、息子はがんばって高得点取ったんだからA判定でいいだろ!

宿題だって、、、まぁ息子なりに、がんばったんだよ!」

 

( 数学教師 )

「それでもC判定なものは、変わりません!」

 

( 親 )

「強情な奴だな~、、、、仕方ない、じゃあ

間をとって、B判定であれば、納得して引き下がってやる!

 

( 数学教師 )

「C判定です!!」

 

 

・・・とまぁ、当然、両者平行線の交わることの無い、

こんな流れになり、親の方はまったく納得せずに

数学教師に対して訴訟を起こした。

 

訴訟を起こして、わざわざ裁判沙汰にして

親は教師に何を求めたのか?損害賠償金か?

・・・・違う。

 

息子の数学の成績のC判定を取り消して

A判定、もしくは最低でもB判定にしてもらうことを求めたのであった、、、、

 

 

さて、この裁判であるが、、、、判決が出るまでに

約2~3年間争ったのであった。

 

 

数学教師側の弁護士は、

「 たしかに期末テストの結果を、

最終的な成績を決めるにあたって重要視する、みたいな発言を

数学教師本人がして

あたかも宿題よりも、期末テストの結果が、より成績を決めるにあたって

影響を与えるような、強調する発言をしたことについては

生徒に、いらぬ誤解を与えてしまい、それは悪かった、とは思うが、、、、

それはそれであり、

息子さんの成績がC判定だったのは、息子さん自身の問題だろ?

、、、、とか、裁判のオリに述べている。。。

 

 

で、2~3年争って、結果はどうなったのか?

普通に、訴えた息子の親が 敗訴 しました。。。。。

よって息子さんの数学の成績はC判定のまま変わらず、、、、

 

裁判が結審して判決が出て、ぜんぶ終わった頃には

すでに息子さんは大学2年生になっていた・・・・

もう高校2年生の時の数学の成績とか、どうでもいいやんけ!?

なんで、そこまでして何年間も争ったのだろうか?

 

 

裁判している間の、親の発言を見てみると

「私はいつまでも、闘い続けます!」

などと述べている。

一体、なにと闘い続けていたのか?

なんか、しばらく争っていたら、引くに引けなくなったのか。

 

息子は、途中からあまり関係なく、ほとんど親の意地と

仕方なく応じるしか無かった

数学教師(高校側)との間の

裁判所を巻き込んだ、

もつれあいになっているようにしか見えないのだが。

 

その数学教師というか、最終的にはバックに高校側がついたんだから

その高校側も、訴えてきた親側と、いいかげん和解してあげて

法廷まで争った記念として、お望み通り

“B判定” でも出してあげれば良かったのにねぇ(笑)

私はそう思うよ、あ~あ。

健闘をたたえてあげるべき・・・?

 

 

おすすめの本

 

 

 

SH

 

 

 

もう通信教育で、いいんじゃないかな?

 

 

イラスト&図解 知識ゼロでも楽しく読める! 数学のしくみ

 

 

<数学 成績 点数 教師 訴訟 裁判 先生 課題 宿題 判定>