おすすめ記事



<麻雀>捨て牌から、相手の手牌を、絶対読めない理由とは?

 

 

染め手とか分かりやすい手であれば、分かりやすいのですが、、、

 

 

まぁ相手が、場に捨ててない色の牌で手を作っていて、

待ち牌も、その色だろ、、、とか思ったら、全然違っていたことも、

よく、ありますがね、、、

 

 

まぁなんというか、相手の捨て牌(河)を見て、

どんな手か読むのは困難だから、

もういっそのこと読むな、という話。

 

 

 

なんか最近のオンライン麻雀やっている人達は、

理屈の通った待ちとか、あまりしていないんですよね。

 

 

効率性とか、あんま考えていない、と思うんですよね、最近は。

 

 

 

別に素人ってワケでもないとは思うのですが、

面倒くさいから、

もう手は変えずに、

そろった手牌のままでいいや、自然の流れに任せよう、、、とか思うのですかね。

 

 

勝ち負けは気にしない(・・・まぁ、けれども内心、勝ちたいでしょうが)

このままでなんとか誰か、コチラの上がり牌出してくれないかな~、

または運良くツモらないかな~、という投げやりな気持ちがあるのだと思う。

 

 

なんで、あえて、その牌で待っているの?非効率的じゃないか?

役もたいしてつかないのに、なぜその待ち牌でリーチかけたの?

しかも、もうすでに場(河)にたくさん捨てられているのに、

来る確率すごく少ないの、、、なぜ?、、、

 

 

、、、とか思う感じで待っていることが多いので、

避けているつもりなのに、振り込んでしまうことがある。

 

 

それを、あえて期待して待っているのかもしれませんが。

 

 

 

つまり安全な牌は、相手が今まで捨てた牌か、

または直前の人が捨てた牌と、同じ牌くらいしかないわけで。

 

 

先にも述べましたが、

あまりよく考えずに、なんとなく牌がそろったから、

リーチかけてみました、、、的な感じなことが多く、、、

 

 

そして、しかし、それがよく当たってしまうのである。

 

 

そして、振り込んでしまうのである。

 

 

 

なぜそんなことが起きるのか、というと、

リーチかけられても、なんとかしのいで、

自分があがりたい、という欲がある人が多いからだ。

 

 

手牌が良ければ、降りるのが、

すごく惜しくてもったいない気がするのである。

 

 

今が勝負時!だと考えてしまうことが多いこと、多いこと。

 

 

・・・まぁそういう欲を持つ人をはじめ、

基本的に、麻雀をする人には強者も弱者も、存在はしないのですよ。

 

 

存在するのは、いろいろな考えや状況のもと、

 

 

(この自分の手牌であれば、

なんとか、リーチをかわしながらでも、あがれるかも?

あと少し粘ろう、という思考をはじめ、、、

 

 

または、単に河を読み間違えて、捨て牌を間違えてふりこむ、

または、もう安全に捨てれる牌が無いぞ、、、イチかバチか、とか祈りながら、

牌を切ってしまう)

 

 

失敗して、ドンピシャで、当たり牌を振り込んでしまう可哀想な人がいて、

そして結果的に勝ってしまう人がいるだけです。

 

 

 

・・・まぁとにかく、捨て牌から相手の手を読むのが困難だったら、

どうやったら読めるのか、というと、、、

 

 

まぁポンとかチーをしてきて、自分の手を、他者に晒してきた時ですかね。

 

 

あれは、すごく読みやすいですね、、、お前これで待っているんだろ?とか、

なんとなくで読めて、大体合っている。

 

 

 

なので、今回の記事から、何が言いたいのかというと、

自分が、なんとなく牌がそろったからと、とりあえずリーチしても、

自分の捨て牌を置いてある河がどういう状態であれ、

相手に、こっちの待ち牌は、なかなか読まれない、ということ。

 

 

そして、もし、コチラがポン、チーと鳴いて、

相手に手を少しずつ、晒した場合は、

晒した牌と、捨てた牌置いてある河の状態から、

コチラの待ち牌は読まれやすい、、、ということですね。

 

 

まるでマンガのような世界!リアルマネー麻雀をやるなら『DORA麻雀』へ!

 

 

 

 

<麻雀 ゲーム 方法 ノウハウ 心理>