おすすめ記事(スクロールできます)



調子に乗った得意先社員の再就職先は皆無

 

 

 

以前、勤めていた会社で社長が、新入社員に説法を説いてたときに

ちらりと聞いた話であるが、

昔、まだ景気が良かった頃、

地元で、大きなショッピングセンター営んでいる会社があったらしいのであるが。

 

 

その会社は、地元ではたくさんの会社を仕入れ先としていて、

つまり地元では、様々な小さな会社の

得意先ということで鼻高々だったのだ。

お前のとこの製造した物を買ってやっているのどこの誰だ、俺だ、といった感じだ。

 

 

で、そこの会社のバイヤーは超偉そうだったらしい。

人をアゴで使う。

 

 

けれども、地元で、そこの大会社を得意先として

製造した物を購入してもらっている小さな会社達は

なにも言えなくて言うことに従うしかなかったとか。

 

 

それである時、その大きな会社のバイヤーから

仕入れ先である、小さな会社に電話がかかってきて、ちょっとお前のとこの

営業マン来てくれないか?とか電話がかかってきたらしい。

 

 

それで、なんか商談とかなにかで

粗相でもしたのかな~とビクビクしながら

営業マンが会社を訪れると、

「おおきたか!実は会社内の事務所とか、倉庫の方の電球が切れかけているから

全部換えてくれないか?」

、、、、とか言われたらしい。

 

 

はらわたが煮えくりかえりそうになるも、しぶしぶと黙って

言うことに従ったらしい。

仕入れを機嫌ひとつで切られたら困るから。

とにかくそういうことがあったらしいのだ。

 

自宅でオンライン起業はじめました

 

 

だが、しかし時は少々過ぎて、景気が次第に悪くなり

もろにその大きな会社は時流の影響を受けて

経営していたショッピングセンターを

閉めることになってしまったらしいのだ。

 

 

それで、そこの会社で働いていたバイヤーなり、なんなりの社員達は皆、

退職という形で、会社から

ほとんど突然みたいな形で放り出されてしまったらしいのだ。

 

 

それで、地元で就活を始めるも、

そこの会社に勤めていたというだけで

まったく、周辺の今まで言いように、こき使われてきた

会社達はまったく採用してくれない。

門前払いとなり、地元では働き場所を失った、、、

 

 

、、、とかいう話をしていた記憶がある。

 

 

 

まぁな、そうなるわな。

人からされた仕打ちは、みんな、なかなか忘れないですからね。

 

 

一時期偉そうにしていても、その隆盛がいつまでも続くわけがないので

あまり普段から調子に乗るな、ということですね。

 

 

困った時には、誰も助けてくれない。

 

 

 

 

SH

 

 

 

 

<謙虚 姿勢 調子 正社員 就職 立場逆転 説法 歴史 再就職 就活 見捨てる 知らんぷり 知らんふり 無視>