おすすめ記事(スクロールできます)



江戸時代は失踪して、どのくらいの期間で戸籍抹消?

だっしゅ

 

今回は、江戸時代の 失踪 に関しての話を、簡単にやります。

 

 

江戸時代の、ある日、

とある地方の村に住んでいる農民の男が

妻子を家に置いたまま、1人で村から逃げ出してしまった。

 

理由は、家族を養うために

自分の持っている田畑を耕すだけでは収入が少なかったので

他にも、なんか布を売ったりするような商売を始めたけれども

めちゃくちゃ失敗して

逆に数千万円くらいの借金が出来てしまった、ということ。

(なんか、いろいろあったらしい、、、

でないと数千万の借金なんて生まれない!)

 

なので、先祖代々受け継いできた自分の田畑を

その数千万の借金返済のために手放すことになったのだが、

どうやら、そのことに、いろいろと精神的に耐えられず

思い詰めてしまい、

村から1人出て行ってしまった、とのこと。。。

 

 

 

で、その男の住んでいる村の役人は

それらのことを、その男の残された家族から聞いて

とりあえず7日ほど(1週間)

その男の立ち寄りそうな、村の中の近くの場所を探したり、

家に戻ってくるかもしれないから

待ちながら様子を見ていた。

 

しかし、結局、帰ってこなかったので、7日たってから

村の役人は、そこで初めて、

その地域の代官所(役所)へ

今回のことを正式に報告することになった。

(あ~、めんどくせぇ、手間かけさせやがって、という気持ちでしょう)

 

 

そしたら代官所から、

捜索の許可が30日間だけ下りて

(ほぼ1ヶ月間ですね)

村役人は、周辺の村々を軽く探したりしたが、

その30日間の期間内には、逃げた男は見つからなかった。。。

 

なので、代官所に再度、そのことを報告してから、許可をもらって

今度もまた、30日間の捜索許可をもらったが

それでも、なかなか見つからないので、

またまた代官所に、その旨を報告して

捜索期間を延長しようとした時に、、、、、

 

その農民の男は、とうとう帰ってきた!

帰ってきてしまったのだ!!

失踪してから大体、2ヶ月ちょっと経った後のことだった。

 

 

・・・ここで、ちょっと説明しますが

江戸時代は、このように村とかで誰かが行方不明になったら

(大抵、今回のような、失踪が主な理由ですが)

まずは、その者の家族が、村役人に、そのことを報告します。

 

そしたら、村役人は、すぐには

その地域を管轄する代官所(役所)などには

報告せずに、しばらく

当人が大人しく帰ってくるかもしれないので待ちます。

あんまり大事には、したくないですからねぇ。

1週間ほど様子見。

 

それでも、なかなか帰ってこなかった時には

仕方なく代官所(役所)に報告したあとに

今回のように1ヶ月くらい期間を定めてもらった上で

捜索許可をもらい周辺を探し回ります。

( もちろん、そんなに一生懸命には探しません。

なぜなら、今も昔も役人ですから! )

 

 

そして、捜索の終了期間が迫ったら、

再度、代官所に報告して

また、期間を定めてもらい、捜索許可をもらって探す、、、、

ってことを何度か繰り返します。

 

そして、トータルで180日間、

つまり半年間ほど探しても、見つからなかったら、

そこで「永尋ね」(ながたずね)ということになって

つまり、捜索打ち切りとなって、失踪した行方知れずの人は

戸籍から外されて「いない人」になってしまいます。

 

 

 

ちょっと現代と比較してみましょう。

今現代の日本だと、行方知れずになった人の家族が

警察に捜索届を出して、そのまま見つからずに

7年 が過ぎた場合に、

家族が「これはもうダメだぁ」と思い

家庭裁判所に行って手続きしたら

失踪した人の戸籍が無くなってしまうわけですが、、、、

 

、、、、江戸時代だと、それに対して、たった半年(180日間)

戸籍が抹消されてしまうのですね。

ふ~ん。

 

まぁ、今回の逃げた農民の男は2ヶ月弱で、村に戻ってきたので

戸籍は抹消されませんでしたが。。。

 

 

・・・で、それで、そのオメオメと村に戻ってきた男は

いなくなっていた2ヶ月の間、

村を出て何をやっていたのか?というと、

どうしても田畑を手放したくないので

親戚や知人の家を巡って、金の都合をつけようとがんばっていた、、、、

が、当然なかなか上手くいかずに途方に暮れていたら

そこを同じ村に住んでいる人が、見つけて

「 どうやら、あなたの田畑に関しては

差し押さえされずに、済みそうだよ!

相手方も少しは借金の返済を、それなりに待ってくれるってさ。

とりあえず村に帰ろうよ。

みんな心配しているよ! 」

と、言われて、仕方なく、

その人と一緒に、とりあえず帰ってきたのである。

 

 

しかし、それはもちろん、連れ戻すための方便であった。

村へ帰ったら、まずは村の役人のところに行って

ひたすら、「迷惑かけて、ゴメンナサイ」させられることになった。

 

それでも、なんとか、村を追い出されずに

再度の帰住は認められますが、

田畑は、もちろん借金のカタとして差し押さえられて

手放すこととなってしまいます。

 

 

そして、その後、その農民の男は

家族もいるし、仕方なく、農民以外の

なんらかの職人になって、働きだすのですが、

職人は上下関係や人間関係がつらくて、なかなか辛かった。。。

雇われの身分は、やっぱり、いつの世も辛い。

 

なので、また自営業的な農民に戻りたいと思い

借金のカタとして取られた、元自分の田畑を取り戻そうと

いろいろ、抗議したりして、あがいて、がんばったのですが

やっぱり無理でした。

 

そして、その後も、彼は、

耐えながらも、ずっと職人として

がんばっていったらしい、です。

チャンチャン。

 

 

 

 

<江戸時代 失踪 戸籍 抹消 期間 期限 タイムリミット 消失>